🐴 (éĻŦ)

Takaaki Umada / éĻŦį”°éš†æ˜Ž

2023嚴ぎ゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップを取りåˇģくį’°åĸƒã€äģŠåžŒãĢ向けたæ–Ŋį­– (į‰šãĢã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧぎčĻ–į‚šã‹ã‚‰)

Y Combinator äģĨ外ぎã‚ĸãƒĄãƒĒã‚ĢãŽč‘—åãĒã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧぎ成果をčĻ‹ãĻãŋると、2015åš´äģĨ降、そこぞでå„Ēれたパフりãƒŧマãƒŗ゚がå‡ēãĻいぞせん。ãƒĻニã‚ŗãƒŧãƒŗčŧŠå‡ēというčĻŗį‚šã§ã¯ã€Y Combinator äģĨ外ぎã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧからãƒĻニã‚ŗãƒŧãƒŗがあぞりå‡ēãĒくãĒãŖãĻいぞす。

https://pitchbook.com/news/articles/y-combinator-accelerator-success-rate-unicorns

これは北įąŗぎ゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップį’°åĸƒãĢ大きãĒ変化があãŖたからではãĒいかと思ãŖãĻいぞす。

そぎį†į”ąã¨ã—ãĻは、äģĨ下ぎようãĒčĻå› ãŒå€™čŖœã¨ã—ãĻč€ƒãˆã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚

  • Y Combinator ãŽæŽĄæŠžæ•°ãŽæ‹Ąå¤§ãĢよる、有望ãĒã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ãŽå¯Ąå 
  • čĩˇæĨ­įĩŒé¨“č€…ãŽåĸ—加ãĢよる、ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧが不čĻãĒčĩˇæĨ­åŽļぎåĸ—加
  • ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ãŽæˆé•ˇé ˜åŸŸãŒåžã€…ãĢ限厚įš„ãĢ

ここぞではæĩˇå¤–ãŽčŠąã§ã™ãŒã€æ—ĨæœŦをčĻ‹ãĻãŋãĻも、こぎ数嚴で゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップエã‚ŗã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ã¯ãšã„ãļんと変わãŖãĻきãĻãŠã‚Šã€ããŽå¤‰åŒ–ã‚’č¸ãžãˆãĻ、支援側ãĢいるį§ãŽã‚ˆã†ãĒäēē間も、これぞでとは少し違うåŊĸぎ支援がåŋ…čĻã§ã¯ãĒいかと思い始めãĻいぞす。

2017åš´ãĢエã‚ŗã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ãŽčĒ˛éĄŒãĢついãĻãŽč¨˜äē‹ã‚’書きぞしたが、そぎį´„6嚴垌とãĒãŖたäģŠã€č‡Ē分ぎこれからぎ動きぎベãƒŧ゚とするためãĢ、č‡Ē分ぎčĒč­˜ã‚’ぞとめたいと思いぞす。

ãĒお、これは個äēēãŽå˛čĻŗであり、デãƒŧã‚ŋã‚’č‰¯ãčĻ‹ã‚‹ã¨į•°ãĒãŖãĻいるかもしれぞせん。ぞたã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧãĢ寄ãŖãŸčŠąãĒぎで、VCからčĻ‹ã‚‹ã¨ãžãŸé•ãŖたčĻ‹ãˆæ–šãĢãĒるようãĢ思いぞす。「į§ã¯ã“ういうčĒč­˜ã§ã€ã“れからこういうéĸ¨ãĢ動いãĻいきぞす」ということであり、こぎčĒč­˜ãŒæ­Ŗしいとä¸ģåŧĩするわけではãĒいぎで、ごį•™æ„ã„ただけぞすと嚸いです。

 

1. これぞで

Y Combinator が始ぞãŖた2005嚴ぐらいからぎ大きãĒæĩã‚Œã‚’ぞとめãĻãŋぞす。

1.1  æŠ€čĄ“įš„ãĒį’°åĸƒãŽå¤‰åŒ–

č‰¯ãč¨€ã‚ã‚ŒãĻいるところですが、2005嚴前垌をåĸƒãĢ、ITæĨ­į•ŒãĢは大きãĒ変化がé€Ŗįļšã—ãĻいくつもありぞした。

  • 2006åš´äģĨ降 AWS ãĒおぎクナã‚Ļドį’°åĸƒãŽį™ģ場で、イãƒŗフナã‚ŗ゚トį­‰ãŽåˆæœŸæŠ•čŗ‡ãŒä¸‹ãŒã‚‹
  • į›´åžŒãĢ゚マãƒŧトフりãƒŗ、遅れãĻã‚ĸプãƒĒ゚トã‚ĸがį™ģ場し、ã‚ĸプãƒĒ配布ã‚ŗ゚トが一気ãĢ減る
  • ぞた゚マãƒŧトフりãƒŗやSNSぎ晎及で、イãƒŗã‚ŋãƒŧネットへぎæŽĨč§Ļ時間がåĸ—える
  • SNSや検į´ĸé€Ŗ動型åēƒå‘ŠãĒお、ã‚ŗ゚ト劚įŽ‡ãŽéĢ˜ã„ãƒĻãƒŧã‚ļãƒŧį˛åž—手æŽĩが新たãĢį™ģ場する
  • 2010åš´äģŖãĢå…Ĩり、SaaSぎæĩã‚ŒãŒæœŦæ ŧįš„ãĢ始ぞり、B2Bã§ãŽå¸‚å ´ã‚‚æ‹Ąå¤§ã™ã‚‹

つぞり、イãƒŗã‚ŋãƒŧネットや゚マãƒŧトフりãƒŗ、クナã‚Ļド (SaaS) ãŽæ‹Ąå¤§ãŒįĩļえ間ãĒくįļšãã¨ã¨ã‚‚ãĢ、AWS ãĒおぎį™ģå ´ãĢよりビジネ゚を開始ãƒģæ‹Ąå¤§ã™ã‚‹ãŸã‚ãŽã‚ŗ゚トが劇įš„ãĢ下がãŖたぎが2005嚴からぎ15嚴でした。

1.2  ã‚ĸクã‚ģãƒŦãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧぎį™ģå ´

2005åš´ãĢは、ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧぎ元įĨ–ã¨ã‚‚č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ Y Combinator が始ぞりぞした*1。

å‰ĩæĨ­č€…であるPaul GrahamぎäģŽčĒŦは、

  • 「čĩˇæĨ­ãĢおける成功は、ä¸ģãĢčŗĸさとエネãƒĢã‚Žãƒƒã‚ˇãƒĨさãĢ䞝存し、嚴éŊĸやビジネ゚įĩŒé¨“は、それãģお大きãĒčĻå› ã§ã¯ãĒい」
  • 「大斚ぎäēˆæƒŗより少ãĒいお金でもčĩˇæĨ­ã§ãã‚‹ã€

ぎ2つだãŖãŸã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻいぞす*2ã€‚č¨€ã„æ›ãˆã‚Œã°ã€ã€Œå°‘éĄãŽãŠé‡‘ã¨ã‚ĸドバイ゚ãĢよãŖãĻ、č‹Ĩč€…ãŽčĩˇæĨ­ã§ã‚‚成功できる」というäģŽčĒŦã¨ã‚‚č¨€ãˆã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†*3。

検č¨ŧぎįĩæžœã€äģŽčĒŦはæ­ŖしかãŖãŸã¨č¨€ãŖãĻã‚‚éŽč¨€ã§ã¯ãĒいようãĢ思いぞす。Y Combinator からは多くぎč‹Ĩ手čĩˇæĨ­åŽļがį”Ÿãžã‚Œãžã—た。そぎ一äēēがäģŠčŠąéĄŒãŽæ¸Ļ中ãĢある OpenAI äģŖčĄ¨ãŽ Sam Altman であり、Y Combinator ぎįŦŦ1期į”Ÿã€ã‹ã¤ Y Combinator ぎプãƒŦジデãƒŗトを務めたäēēです。

そしãĻæŦĄã€…ãĢY Combiatorã‚’æ¨Ąå€Ŗする取りįĩ„ãŋが「ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧ」と名äģ˜ã‘られ、晎及しãĻいきぞす。

有名ãĒところではTechstars が2006嚴、MassChallengeが2009嚴、AngelPadが2010åš´ãĢ設įĢ‹ã•ã‚Œãžã—た。

1.3  ã‚ˇãƒŧドVC

ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧがうぞく抟čƒŊしたį†į”ąã¨ã—ãĻ、ドットã‚ŗムバブãƒĢぎ垌ãĢ、VCぎフりãƒŧã‚Ģ゚が垌ろぎ゚テãƒŧジãĢフりãƒŧã‚Ģã‚šãĢčĄŒããĢつれãĻ、手前ぎ斚がįŠēいãĻきãĻã€ã‚ˇãƒŧドやプãƒŦã‚ˇãƒŧドぎ゚テãƒŧジぎ゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎ支援がåŋ…čĻã ãŖたということもあるようãĢ思いぞす。

原際、ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧだけではãĒãã€ã‚ˇãƒŧドVCがį”Ÿãžã‚ŒãĻããŸãŽã‚‚ãĄã‚‡ã†ãŠã“ãŽã“ã‚ã§ã€2004åš´ãĢFirst Round CapitalやSoftTech VC (įž Uncork Capital)、2005åš´ãĢTrue VenturesやFloodgateãĒãŠãŒč¨­įĢ‹ã•ã‚ŒãĻいぞす。

ã“ãŽčƒŒæ™¯ãĢは、AWSį­‰ãĢよるčĩˇæĨ­ã‚ŗ゚トぎäŊŽæ¸›ã‚‚åŊąéŸŋしãĻいるようãĢ思いぞす。ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧã‚„ã‚ˇãƒŧドVCãĢã‚ˆã‚‹å°‘éĄãŽæŠ•čŗ‡ã§ã‚‚十分ãĢčĩˇæĨ­ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒãŖたぎも大きいからです。こぎあたりは Why Has Seed Investing Declined? And What Does this Mean for the Future? ãĢčŠŗしいです。

こぎようãĢ、支援がįŠēいた場所ãĢ、äŊŽã‚ŗ゚トでčĩˇæĨ­ã§ãã‚‹į’°åĸƒãŒæƒã„、ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧã‚„ã‚ˇãƒŧドVCがį”Ÿãžã‚ŒãĻきた、というæĩã‚ŒãŒã‚ãŖたぎではãĒいかとčĻ‹ãĻいぞす。

1.4  エãƒŗジェãƒĢ投čŗ‡åŽļ

ぞたã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧを取りåˇģくį’°åĸƒã¨ã—ãĻæŠŧさえãĻおきたいぎが、エãƒŗジェãƒĢ投čŗ‡åŽļです。

GoogleやFacebookぎIPOãĒãŠã§č˛Ąã‚’æˆã—ãŸäēēがåĸ—え、かつ2008嚴ごろぎFinancial Crisisで抟é–ĸ投čŗ‡åŽļがé›ĸれたã‚ŋイミãƒŗグで、存在感をåĸ—しãĻいたぎがエãƒŗジェãƒĢ投čŗ‡åŽļでした。

Y Combinatorも、もともとはエãƒŗジェãƒĢ投čŗ‡åŽļ4äēēãŒå§‹ã‚ãŸã‚‚ãŽã¨ã‚‚č¨€ãˆãžã™ã—ã€AngelPadはエãƒŗジェãƒĢ投čŗ‡åŽļīŧ‹ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧぎようãĒåŊĸです。

2010嚴前垌ぞではエãƒŗジェãƒĢ投čŗ‡åŽļぎ存在がã‚ĸãƒĄãƒĒã‚Ģでも大きかãŖたようですが、そぎ存在感は嚴々下がãŖãĻきãĻいぞした。

https://tomtunguz.com/where-have-all-the-angels-gone/

そぎ一因としãĻ挙げられãĻいるぎが、抟é–ĸ投čŗ‡åŽļがæˆģãŖãĻきãĻã€ã‚ˇãƒŧドナã‚Ļãƒŗドをį‰Ŋåŧ•ã™ã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒãŖた、というį‚šã§ã™ã€‚2012嚴前垌はAcqui-hireã§å¤šå°‘ãŽč˛Ąã‚’æˆã—ãŸäēēも多かãŖたはずですが、エãƒŗジェãƒĢ投čŗ‡ãŽåĸ—加よりもVCぎãģうがį››ã‚“ãĢãĒãŖãĻいきぞした。

1.5  ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧぎįĩ„įš”化

抟é–ĸ投čŗ‡åŽļがæˆģãŖãĻきãĻã€ã‚ˇãƒŧドVCもåĸ—え、エãƒŗジェãƒĢぎå‡ēį•Ēが少ãĒくãĒãŖãĻくるãĢつれãĻ、ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧも垐々ãĢįĢļ合がåĸ—えãĻきぞす。そしãĻã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧも、垐々ãĢ個äēēではãĒくįĩ„įš”や抟é–ĸとしãĻ動くようãĢãĒãŖãĻいãŖたようãĢ思いぞす。

Y CombinatorやTechstarsはįĩ„įš”æ‹Ąå¤§ã‚’čĄŒã„ã€æŽĄæŠžæ•°ã‚‚åĸ—やしぞす。

įžåœ¨ã€Y Combinator は嚴間400į¤žãŽæŽĄæŠžã‚’しãĻいぞすīŧˆãŸã ã—äģŠåžŒå‰Šæ¸›äēˆåŽšīŧ‰ã€‚2010嚴は60į¤žį¨‹åēĻだãŖãŸã¨č€ƒãˆã‚‹ã¨ã€ã‹ãĒりぎ数ぎåĸ—加です。

TechstarsはäŧæĨ­ãĒおと提æēしãĒがらã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧを開å‚Ŧし、同じく嚴間400į¤žäģĨ上、MassChallengeもé€Ŗæē先をåĸ—やしãĻåš´é–“200や300といãŖãŸæŽĄæŠžã‚’čĄŒãŖãĻいぞす*4。

1.6  ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧぎ抟čƒŊ

ここぞでã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧã€ã‚ˇãƒŧドVC、エãƒŗジェãƒĢ投čŗ‡åŽļ、といãŖた3つぎäŧŧたプãƒŦイヤãƒŧをčĻ‹ãĻきぞした。

攚めãĻã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧãĢčŠąã‚’æˆģしぞす。ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧãŽå…ąé€šãŽæŠŸčƒŊとはäŊ•ã§ã—ょうか。ä¸ģãĢはäģĨ下ぎ4つではãĒいかと思いぞす。

  • čĩˇæĨ­ãŽãƒŽã‚Ļハã‚Ļぎ提䞛
  • プログナムとしãĻãŽč¨­č¨ˆīŧˆå¤šããŽå ´åˆã¯ãƒãƒƒãƒåˆļīŧ‰
  • ãƒĄãƒŗã‚ŋãƒŧや同期ãĒおぎäēēįš„ネットワãƒŧクへぎã‚ĸクã‚ģã‚š
  • čŗ‡é‡‘へぎã‚ĸクã‚ģã‚šīŧˆåˆæœŸãŽčŗ‡é‡‘とDemo DayãĒおを通した投čŗ‡åŽļį´šäģ‹īŧ‰

つぞり、プログナムを通しãĻīŧˆä¸ģãĢīŧ‰č‹Ĩいエãƒŗジニã‚ĸãĢビジネ゚を教え、äēēįš„ãƒģčŗ‡é‡‘įš„ネットワãƒŧクを提䞛することが多くぎã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧぎä¸ģãĒ抟čƒŊです。

そうすることで、čĩˇæĨ­ãŽåˆæœŸãĢčĩˇã“ã‚ŠãŒãĄãĒ間違いをéŋけãĒãŒã‚‰ã€åˆæœŸãŽãƒˆãƒŠã‚¯ã‚ˇãƒ§ãƒŗį˛åž—を支援しãĻいきぞした。

1.7 ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧぎ振りčŋ”ã‚Š

こうしãĻ振りčŋ”ãŖãĻãŋると、2005嚴から2020嚴ぞでという時期は、ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧというäģ•įĩ„ãŋがį´ æ™´ã‚‰ã—く抟čƒŊしãĻいた「į‰šæŽŠãĒ時期」だãŖãŸã¨č€ƒãˆã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚

ぞず少ãĒいčŗ‡é‡‘で始められる、しかもæ€Ĩæˆé•ˇã—ãĻいたITぎ一部領域がありぞした。そしãĻ多少ぎã‚ĸドバイ゚があれば、čĩˇæĨ­ã—ãĻįĩŒå–ļしãĻいく中で、č‹Ĩč€…ã§ã‚‚ã‚¨ãƒŗジニã‚ĸでもįĩŒå–ļč€…ã¨ã—ãĻぎčƒŊ力をįŖ¨ãã“ともできる時期でした。

そしãĻįąŗå›ŊではčĩˇæĨ­åŽļがかãĒりį”Ÿãžã‚ŒãĻくるį’°åĸƒã§ã€ãã†ã—ãŸãƒ—ãƒ­ã‚°ãƒŠãƒ ãŒæą‚ã‚ã‚‰ã‚ŒãĻいたぎも大きいでしょう。ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧがčĻæ¨Ąæ‹Ąå¤§ã‚’しãĻいくこともį†ãĢかãĒãŖãĻいぞした。įąŗå›Ŋでは大手ぎã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧ4į¤žã ã‘でおそらく嚴間1000äģļäģĨ上、もãŖと小さãĒã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧをåĢめるともãŖと多くぎ数ぎ゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップがã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧぎ支援を受けãĻいるはずです。

それがæŗĸ及しãĻ、æ—ĨæœŦでもいくつかぎã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧがį”Ÿãžã‚Œã€äģŠã§ã¯å¤šããŽã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧがæ´ģ動しãĻいぞす。

 

2     æ—ĨæœŦでčĩˇã“ãŖた変化

2005嚴から2022嚴ぐらいぞでを大雑把ãĢ振りčŋ”ãŖãĻãŋぞしたが、æ—ĨæœŦではおぎようãĒ変化があãŖたぎかをもう少し掘り下げãĻčĻ‹ãĻãŋたいと思いぞす。

ぞず数字で分かりやすい、čŗ‡é‡‘ぎéĸからčĻ‹ãĻいきぞしょう。

2.1  čŗ‡é‡‘čĒŋé”éĄãŒ10嚴前ぎ10倍ãĢ

Initialぎデãƒŧã‚ŋãĢよれば、2013嚴はæ—ĨæœŦ全äŊ“で877億円だãŖたčŗ‡é‡‘čĒŋé”éĄãŒã€2022åš´ãĢは8774億円ãĢãĒãŖãŸã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻいぞす*5。čŗ‡é‡‘čĒŋé”éĄã¯į´„10嚴で10倍ãĢãĒãŖたということです。

https://initial.inc/enterprise/resources/japanstartupfinance2022

äģ–å›Ŋもį›¸åŊ“ãĒäŧ¸ãŗをį¤ēしãĻいるぎで、æ—ĨæœŦだけが10倍ãĢãĒãŖãĻį‰šį•°įš„ãĒæˆé•ˇã‚’ã—ãŸã‚ã‘ã§ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ãŒã€å°‘ãĒくとも「æ—ĨæœŦã§ã‚‚æĄãŒä¸€ã¤ä¸ŠãŒãŖた」というぎは大きãĒ変化だãŖたようãĢ思いぞす。

2.2  ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎčĒŋé”éĄãŽåĸ—加

先ãģおはæ—ĨæœŦ全äŊ“ã§åˆč¨ˆãŽčŗ‡é‡‘čĒŋé”éĄã§ã—ãŸã€‚ã“ãŽåˆč¨ˆé‡‘éĄã¯ã€Œ1äģļåŊ“たりぎčŗ‡é‡‘čĒŋé”éĄÃ—čŗ‡é‡‘čĒŋé”æ•°ã€ã§č¨ˆįŽ—できぞす。įˇčŗ‡é‡‘čĒŋé”éĄãŒ10倍ãĢãĒãŖãĻいぞすが、čŗ‡é‡‘čĒŋ達数は2013嚴時ぎ2倍į¨‹åēĻです。つぞりåšŗ均すると、1čĒŋé”éĄã‚ãŸã‚ŠãŠãŠã‚ˆã5倍ãĢãĒãŖãĻいぞす。

ただ、åšŗ均įš„ãĢ5倍ãĢãĒãŖたというよりは、大型ぎčĒŋ達がåĸ—えたことがåĸ—éĄãŽä¸ģãĒčĻå› ã§ã™ã€‚ã‚ĸãƒĄãƒĒã‚ĢãĢ比ずればぞだ1æĄå°ã•ã„ã¨ã¯ã„ãˆã€10嚴前ãĢはãģとんおãĒかãŖたčĻæ¨ĄãŽčŗ‡é‡‘čĒŋé”éĄã‚’čĻ‹ã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒりぞした。

čŗ‡é‡‘čĒŋé”ã§ãã‚‹é‡‘éĄãŽåĸ—加は、゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップが取れるæˆĻį•Ĩぎ嚅をåēƒã’ãĻくれぞす。ぞた大äŧæĨ­ãŽæ–°čĻäē‹æĨ­éƒ¨é–€ã‚ˆã‚Šã‚‚多くぎお金をčŋ…速ãĢ集めることもできるようãĢãĒると、゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップが挑める領域がåĸ—えたということでもあるでしょう。

2.3  ãƒ•ã‚Ąãƒŗドã‚ĩイã‚ēぎåĸ—大

æ—ĨæœŦぎ VC ãŽãƒ•ã‚Ąãƒŗドã‚ĩイã‚ēもこぎ数嚴で一気ãĢ大きくãĒりぞした。そしãĻãƒ•ã‚Ąãƒŗドã‚ĩイã‚ēぎ大きさは、VCぎæˆĻį•ĨãĢ大きくåŊąéŸŋしぞす。

50å„„å††ãŽãƒ•ã‚Ąãƒŗドã‚ĩイã‚ēだと、10嚴垌ãĢざãŖくりと150億円ぐらいぎį´¯č¨ˆãƒĒã‚ŋãƒŧãƒŗがå‡ēãĻいれば、IRRがそれãĒりãĢč‰¯ã„ã€ã¨ãĒりぞす*6。150億円ぐらいぎãƒĒã‚ŋãƒŧãƒŗためãĢは、

  • æ™‚äžĄįˇéĄ1000億円ぎäŧšį¤žãŒ1į¤žå‡ēãĻã€ããŽã†ãĄ15%ぎæ Ēåŧã‚’VCが持ãŖãĻいる
  • æ™‚äžĄįˇéĄ500億円ぎäŧšį¤žãŒ2į¤žå‡ēãĻ、それぞれで15%ぎæ Ēåŧã‚’VCが持ãŖãĻいる
  • æ™‚äžĄįˇéĄ333億円ぎäŧšį¤žãŒ3į¤žå‡ēãĻ、â€Ļ

とãĒりぞす。つぞり、ãƒĻニã‚ŗãƒŧãƒŗが1į¤žå‡ēã‚Œã°ãƒ•ã‚ĄãƒŗドとしãĻは十分ãĒãƒĒã‚ŋãƒŧãƒŗとãĒりぞす。

ä¸€æ–šã€ãƒ•ã‚Ąãƒŗドã‚ĩイã‚ēが500億円ãĢãĒると、10嚴垌ãĢ1500億円ぎExitがåŋ…čĻãĢãĒりぞす。1500億円ぎためãĢは、

  • 150億円ぎãƒĒã‚ŋãƒŧãƒŗを10個å‡ēすīŧˆīŧæ™‚䞥įˇéĄ1000億円ぎäŧšį¤žã‚’10個å‡ēすīŧ‰
  • 1500億円ぎãƒĒã‚ŋãƒŧãƒŗを1個å‡ēすīŧˆīŧæ™‚䞥įˇéĄ1兆円ぎäŧšį¤žã‚’1個å‡ēすīŧ‰

という2つぎ間ぎおこかを取るæˆĻį•ĨãĢãĒりぞす。ãƒĻニã‚ŗãƒŧãƒŗを10į¤žå‡ēすか、それともデã‚Ģã‚ŗãƒŧãƒŗを1į¤žå‡ēすか、それともそぎ間を取るか、ということです。

ãŸã ã€ãƒ•ã‚ĄãƒŗドとしãĻ投čŗ‡ã—ãĻé–ĸäŋ‚性をį¯‰ã‘ã‚‹äŧšį¤žãŽæ•°ãĢは上限があり、投čŗ‡åŽļ1äēēが担åŊ“できるäŧšį¤žã¯å¤šããĻ10į¤žį¨‹åēĻですし、10倍äģĨ上ぎäēēを雇えるわけではãĒいぎで、10å€ãŽãƒ•ã‚Ąãƒŗドã‚ĩイã‚ēãĢãĒãŖたからといãŖãĻ、10倍ぎ数ãĢ投čŗ‡ã§ãã‚‹ã‚ã‘ではありぞせん。

ãã“ã§ã€æ€č€ƒã¨ã—ãĻは「より大きãĒイグジットをå‡ēすãĢは」という側ãĢčĄŒãã“ã¨ãĢãĒりぞす。

ãžãŸã€ãƒ•ã‚Ąãƒŗドã‚ĩイã‚ēが大きくãĒるとおうしãĻã‚‚ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚ĩイã‚ēが大きくãĒã‚Šã€ã‚ˇãƒŧドを中åŋƒãĢæ´ģ動しãĻいたVCも、垐々ãĢãƒŦイã‚ŋãƒŧ゚テãƒŧジãĢ投čŗ‡ã™ã‚‹åŧ•åŠ›ãŒåƒããžã™ã€‚

投čŗ‡åŽļ側ãĢãã†ã—ãŸæ€č€ƒãŽå¤‰åŒ–ãŒåžã€…ãĢčĩˇã“ãŖãĻいãŖたぎが、į‰šãĢį›´čŋ‘ぎ数嚴だãŖたぎではãĒいかと思いぞす。

2.4  ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎäēē材ぎåĸ—加とノã‚Ļハã‚ĻãŽå…ąæœ‰

æ—ĨæœŦぎ゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップをį‰Ŋåŧ•ã™ã‚‹ãŽã¯ITで、ITã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎã‚ŗ゚トぎ多くはäēēäģļč˛ģです。čŗ‡é‡‘がæĩã‚Œčžŧんだということぱã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ã§ãŽæŽĄį”¨ãŒåĸ—えたということであり、゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップで働くäēēがåĸ—えたぎも大きãĒå¤‰åŒ–ã¨č¨€ãˆãžã™ã€‚

そぎįĩæžœã€ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎノã‚Ļハã‚ĻãŽå…ąæœ‰ã¯åŠ é€Ÿã—ãĻいきぞした。äģŠã§ã¯å¤šããŽã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップがč‡Ēį¤žãŽãƒ–ログį­‰ã§ãƒŽã‚Ļハã‚Ļをå…Ŧ開しãĻいぞす。

ぞた゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップãĢé–ĸわるäēēはåĸ—えãĻ、イベãƒŗトį­‰ã¯äģĨ前よりもį››æŗãĢãĒãŖãĻいぞす。

 

3     čĩˇã“らãĒかãŖた変化īŧˆčĩˇã“せãĒかãŖた変化īŧ‰

ここぞではčĩˇã“ãŖた変化です。ここからはčĩˇã“らãĒかãŖた変化、あるいはčĩˇã“せãĒかãŖた変化ãĢついãĻį°Ąå˜ãĢč§Ļれたいと思いぞす。

3.1  ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎčĩˇæĨ­åŽļぎ数ぎæŋ€åĸ—はãĒかãŖた

į§å€‹äēēが2017 īŊž 2018åš´ãĢ持ãŖãĻいãĻ、しかし外れたäēˆæƒŗとしãĻ、ハイグロãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップãĢ取りįĩ„ã‚€čĩˇæĨ­åŽļぎ数がありぞす。

ãƒĄãƒĢã‚ĢãƒĒį­‰ãŽå¤§åž‹ãŽã‚¤ã‚°ã‚¸ãƒƒãƒˆã‚‚å‡ēãĻ、いよいよ「〇〇マフã‚Ŗã‚ĸ」とå‘ŧばれるčĩˇæĨ­åŽļįž¤ãŒæ—ĨæœŦãĢもį”Ÿãžã‚Œã‚‹ã“とを個äēēįš„ãĢは期垅しãĻいぞした。うぞくいけば指数é–ĸ数įš„ãĢ、少ãĒくともįˇšåŊĸãĢã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップはåĸ—えるとæƒŗ厚しãĻいぞした。しかし、それはčĩˇã“ãŖãĻいãĒいようです。

Initial ぎデãƒŧã‚ŋãĢよると、čŗ‡é‡‘čĒŋ達į¤žæ•°ã¯2018嚴ぞではかãĒりぎペãƒŧ゚でåĸ—えãĻいたぎですが、そぎ垌ぎäŧ¸ãŗは停æģžã—ãĻいぞす。į¤žæ•°ãƒ™ãƒŧ゚でいえば、į´„2倍です。čŗ‡é‡‘čĒŋ達į¤žæ•°īŧãƒã‚¤ã‚°ãƒ­ãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎčĩˇæĨ­æ•°ã§ã¯ã‚りぞせんが、あるį¨‹åēĻæ­Ŗぎį›¸é–ĸã¯ã‚ã‚‹ã¨č€ƒãˆã‚‹ã¨ã€ãã“ãžã§čĩˇæĨ­ãŒåĸ—えãĻいるというわけではãĒã„ã¨č€ƒãˆãĻいぞす。

https://initial.inc/articles/japan-startup-finance-2023h1

čĩˇæĨ­ãŒåĸ—えãĻいãĒいとしãĻ、そぎį†į”ąã¯ã„くつかあるようãĢ思いぞす。

たとえばäģ–ぎ雇į”¨ãŽåĸ—加です。į‰šãĢ、昔だãŖたらčĩˇæĨ­ã‚’選択しãĻいたかもしれãĒいäēēが、

  • ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎ垓æĨ­å“Ąã‚„CxO
  • ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップ支援側
  • ビッグテック
  • æˆĻį•Ĩã‚ŗãƒŗã‚ĩãƒĢã‚ŋãƒŗト
  • 大äŧæĨ­ãŽã‚Ēãƒŧプãƒŗイノベãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗ部門

ãĒãŠãŽčˇæĨ­ãĢæĩã‚ŒãŸå¯čƒŊ性はそれãĒりãĢあると思ãŖãĻいぞす。į§ã‚‚支援側ãĒぎでäēēãŽã“ã¨ã¯č¨€ãˆãžã›ã‚“ãŒã€‚

čŗ‡é‡‘čĒŋé”éĄãŒåĸ—えãĻ、゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップãĢé–ĸわるäēēはåĸ—えãĻイベãƒŗトį­‰ã¯į››æŗãĢãĒりぞしたが、一斚でčĩˇæĨ­åŽļč‡ĒäŊ“ぎ数が劇įš„ãĢåĸ—えãĻいるという感じは個äēēįš„ãĢはそこぞでありぞせん。

ãĒお、これもäŊ“感でしかありぞせんが、čĩˇæĨ­ã—たいč‹Ĩåš´åą¤ã¯ã“ãŽæ•°åš´ã§åĸ—えãĻいるようãĒå°čąĄãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚åŽŸéš›ã€æ—ĨæœŦæ”ŋį­–é‡‘čžå…ŦåēĢ įˇåˆį ”įŠļ所ぎčĒŋæŸģãĢよれば、29æ­ŗäģĨ下ぎčĩˇæĨ­åŋ—望įŽ‡ã¯ãã‚ŒãĒりãĢéĢ˜ã„įŠļæŗã§ã™ã€‚

ただčĩˇæĨ­ãŽä¸­ã§ã‚‚ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップをåŋ—向するäēēがåĸ—えãĻいるかというと、そこぞでéĢ˜ãžãŖãĻいãĒいというäŊ“感もありぞす。数億円į¨ŧぐãĒら゚ãƒĸãƒŧãƒĢビジネ゚įš„ãĒį¨ŧぎ斚で十分、というäēēも多いぎかもしれぞせんし、不動į”Ŗ投čŗ‡ãĒおで十分į¨ŧげるäēēもそれãĒりãĢいるぎで、金銭įš„ãĒéĸであえãĻã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップという選択č‚ĸを取るåŋ…čĻã¯ãã“ぞでãĒいぎかもしれぞせん。

いずれãĢせよ、ハイグロãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎčĩˇæĨ­ã‚’į›ŽæŒ‡ã™äēēは、10嚴でčŗ‡é‡‘čĒŋé”éĄãŒ10倍ãĢãĒãŖたãģおãĢはåĸ—えãĻいãĒいぎではãĒいかと感じãĻいぞす。

ãĒお、Y Combinator は嚴ãĢ 700 äģļčŋ‘ã„æŽĄæŠžã‚’ã—ãĻいãĻã‚‚ã€æŽĄæŠžįŽ‡ã¯ 1.5 - 2% į¨‹åēĻã ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã™ã€‚äģŽãĢ2%だとしãĻも、35,000 äģļぎåŋœå‹ŸãŒåš´ãĢあるということです。それだけ多くぎčĩˇæĨ­åŽļやčĩˇæĨ­åŽļ候čŖœãŒã„る、というぎがæ—ĨæœŦとぎ大きãĒé•ã„ã¨ã‚‚č¨€ãˆã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚

3.2  M&A Exitはそこぞでåĸ—えãĒかãŖた

Exit 先としãĻ、ã‚ĸãƒĄãƒĒã‚ĢではM&Aが多くを占めることがįŸĨられãĻいぞす。一斚、æ—ĨæœŦぎExitはãģとんおがIPOです。

M&Aがあることč‡ĒäŊ“、゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップが取りうるæˆĻį•Ĩをåĸ—やしãĻくれぞすし、投čŗ‡åŽļも元æœŦ回収ができるようãĢãĒりãƒĒ゚クをより取れるようãĢãĒりぞす。ぞたM&Aがčĩˇã“ることで、čĩˇæĨ­åŽļぎ再挑æˆĻが旊くãĒã‚‹ã¨ã„ã†ãƒĄãƒĒットもありぞす。

こうしたM&A ぎExitが少ãĒã„ã“ã¨ã¯ã€é•ˇã„é–“æ—ĨæœŦã§å•éĄŒã¨ã—ãĻ取り上げられãĻきãĻいるようãĢ思いぞすし、そぎ寞į­–としãĻ、ã‚Ēãƒŧプãƒŗイノベãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗäŋƒé€˛į¨ŽåˆļãĒおもčŦ›ã˜ã‚‰ã‚ŒãĻきãĻいぞす。

M&A が少ãĒã„čƒŒæ™¯ã¨ã—ãĻ、Not Invented Here (NIH: č‡Ēį¤žã§é–‹į™ēされたもぎäģĨå¤–ãŽæŠ€čĄ“) をåŋŒéŋする、というところもありぞすし、ぎれんäģŖãŽå•éĄŒãĒおもあるとは思いぞすが、į”ŖæĨ­æ§‹é€ ã‚‚čƒŒæ™¯ã¨ã—ãĻあるようãĢ思いぞす。

æ—ĨæœŦぎ゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎ多くはITäŧæĨ­ã§ã‚り、ITäŧæĨ­ã‚’č˛ˇåŽã™ã‚‹ãŽã¯ä¸ģãĢITäŧæĨ­ã§ã™ã€‚ã‚ĸãƒĄãƒĒã‚ĢãƒŗãĢã¯ãƒ“ãƒƒã‚°ãƒ†ãƒƒã‚¯ã‚’ã¯ã˜ã‚ã¨ã—ãŸã€č˛ˇåŽã‚’čĄŒãˆã‚‹å¤§æˆåŠŸã—ãŸITäŧæĨ­ãŒå¤šãã‚りぞす。しかしæ—ĨæœŦやヨãƒŧロッパãĢはそぎようãĒ大きくãĒãŖたITäŧæĨ­īŧˆITã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップīŧ‰ãŒãã“ぞで多くはãĒãã€č˛ˇã„æ‰‹ãŒå°‘ãĒいがゆえãĢ、Exitが少ãĒいâ€Ļâ€Ļと、いわばéļåĩぎé–ĸäŋ‚でもあるかと思いぞす。

とはいえ、大äŧæĨ­ãĢį„Ąį†ã‚„ã‚Šã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ã‚’č˛ˇåŽã—ãĻもらうことでč§Ŗæąēã§ãã‚‹å•éĄŒã§ã‚‚ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚ãžãŸæĩˇå¤–ぎäŧæĨ­ãĢ財ãŖãĻもらうãĢは、世į•Œã§ã‚‚æœ‰æ•°ãŽæŠ€čĄ“åŠ›ã‹ã€é­…åŠ›įš„ãĒæ—ĨæœŦ市場へぎ参å…Ĩ抟äŧšã¨ã—ãĻ財ãŖãĻもらうしかãĒいでしょう。全ãĻぎ゚テãƒŧクホãƒĢダãƒŧが嚸せãĢãĒるåŊĸでぎM&Aをåĸ—やすことは、äģŠåžŒã‚‚åŧ•ãįļšãčĒ˛éĄŒãĢãĒるようãĢ思いぞす。

 

そぎäģ–、ãƒŦイã‚ŋãƒŧ゚テãƒŧジぎ支え手が少ãĒã„å•éĄŒã‚„ã€ä¸Šå ´åžŒãŽæˆé•ˇãŽå•éĄŒãĒおもありぞすが、いãŖたんこぎあたりãĢしãĻおきぞす。

 

4     これからぎæ—ĨæœŦぎエã‚ŗã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ 

こうした変化と、変化をしãĒかãŖãŸã“ã¨ã‚’č¸ãžãˆãĻ、これからおぎようãĒį™ēåą•ãŒåŋ…čĻãĒãŽã‹ã‚’č€ƒãˆãĻいきたいと思いぞす。

4.1  デã‚Ģã‚ŗãƒŧãƒŗをいかãĢäŊœã‚‹ã‹

ãƒ•ã‚Ąãƒŗドã‚ĩイã‚ēが大きくãĒãŖた多くぎVCが、「デã‚Ģã‚ŗãƒŧãƒŗをいかãĢäŊœã‚‹ã‹ã€ã¨ã„う問いを持つようãĢãĒãŖãĻいるようãĢ思いぞす*7。そしãĻæ—ĨæœŦとしãĻも、デã‚Ģã‚ŗãƒŧãƒŗをį”Ÿã‚“でいきたいという斚針を感じãĻいぞす。

デã‚Ģã‚ŗãƒŧãƒŗã¨ã¯æ™‚äžĄįˇéĄãŒ1兆円ãĢãĒるäŧæĨ­ã§ã™ã€‚īŧˆåˆŠį›Šã§ã¯ãĒくīŧ‰åŖ˛ä¸Šã§ã„えば、1000億円はåŋ…čĻã§ã—ょう。2000億円åŋ…čĻã‹ã‚‚しれぞせん。一斚、ãƒĻニã‚ŗãƒŧãƒŗは100億円ぎåŖ˛ä¸ŠãŒä¸€ã¤ãŽį›Žæ¨™ã§ã™ã€‚

100億円ぎåŖ˛ä¸Šã‚’å›Ŋå†…ã ã‘ã§čĄŒã†ãŽã¯ãĒã‚“ã¨ã‹čĄŒã‘ã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚ã—ã‹ã—2000億円をå›Ŋ内でåŖ˛ã‚Šä¸Šã’るぎはį›¸åŊ“é›ŖしくãĒãŖãĻきぞす。

そこでåŋ…čĻãĢãĒãŖãĻくるぎは、

  • グロãƒŧバãƒĢ市場へぎ挑æˆĻ
  • į´”į˛‹ãĒ IT とは違う領域へぎ挑æˆĻ

ではãĒã„ã‹ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚ããŽãŠãĄã‚‰ã‚‚ã€čĒ°ã‚‚æ–šį¨‹åŧã‚’持ãŖãĻいãĒい領域です。

4.2  é›ŖしくãĒãŖたã‚ĸãƒŧãƒĒãƒŧ゚テãƒŧジをčĒ°ãŒã‚Ģバãƒŧするか

ãƒ•ã‚Ąãƒŗドã‚ĩイã‚ēが大きくãĒるãĢつれãĻčĩˇã“るぎは、垐々ãĢããŽãƒ•ã‚Ąãƒŗドぎ投čŗ‡ãŒãƒŦイã‚ŋãƒŧ゚テãƒŧジへとį§ģãŖãĻいくことです *8。

そうãĒると、より旊いæŽĩ階ぎ支援がįŠēいãĻきぞす。

一斚でデã‚Ģã‚ŗãƒŧãƒŗを望むぎであれば、į›¸åŊ“æ„č­˜įš„ãĢ初期ぎæŽĩéšŽã‹ã‚‰č¨­č¨ˆã—ãĒければ、原įžã§ããĒくãĒãŖãĻきãĻいるようãĢ思いぞす。かつãĻは、「数を撃ãĻばåŊ“たる」ことで原įžã§ããĻいたかもしれぞせんが、æĩˇå¤–ぎã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧぎパフりãƒŧマãƒŗã‚šäŊŽä¸‹ãĒおをčĻ‹ã‚‹ã¨ããŽå‚žå‘を感じぞす。

つぞり、より旊期ぎæŽĩ階からぎäģ‹å…Ĩがåŋ…čĻã§ã€ã—かもそぎäģ‹å…ĨãĢæą‚ã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹ãƒŦベãƒĢが上がãŖãĻいる、ということです。

4.3  おうやãŖãĻ世į•ŒãƒŦベãƒĢでæˆĻえるチãƒŧムをįĩ„成するか

ぞた、こうした変化ãĢ合わせãĻ、å‰ĩæĨ­åˆæœŸãŽãƒãƒŧムãĢæą‚ã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚‚ãŽãŒåĸ—えãĻきãĻいるようãĢ思いぞす。

たとえば、äē‹æĨ­é ˜åŸŸãĢよãŖãĻは

  • グロãƒŧバãƒĢåą•é–‹ãŒã§ãã‚‹ãƒãƒŧムか
  • åˇ¨éĄãŽãŠé‡‘ã‚’čĒŋ達しãĻきãĻ、しかも上手くäŊŋえるチãƒŧムか

といãŖたčĻŗį‚šã§ãŽčŠ•äžĄãŒã•ã‚Œã‚‹ã“ともåĸ—えãĻきãĻいるようです。

つぞり、世į•Œã§æˆĻえるįĩŒå–ļé™Ŗかおうかです。

もしčĩˇæĨ­åŽļãĢæą‚ã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹ãƒãƒŧドãƒĢが上がると、10嚴前ãĢ比ずると初回ぎčĩˇæĨ­åŽļはæ´ģčēã—ãĨらくãĒるかもしれぞせん。ã‚ĸãƒĄãƒĒã‚Ģは嚸いãĢしãĻã€ã‚ˇãƒĒã‚ĸãƒĢã‚ĸãƒŗトãƒŦプãƒŦナãƒŧがåĸ—えãĻ、そうしたįĩŒé¨“をしãĻいるäēēもこぎ十嚴でåĸ—えãĻいぞす。čŗ‡é‡‘čĒŋ達したäŧšį¤žãŽå‰ĩæĨ­č€…ぎプロフã‚ŖãƒŧãƒĢをčĻ‹ãĻいると、čĩˇæĨ­įĩŒé¨“があるäēēぎįŽ‡ã¯ãã‚ŒãĒりãĢéĢ˜ã„įŠļæŗã§ã™ã€‚ヨãƒŧロッパをčĻ‹ãĻãŋãĻも、ヨãƒŧロッパぎãƒĻニã‚ŗãƒŧãƒŗã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎ 65% į¨‹åēĻã¯ã‚ˇãƒĒã‚ĸãƒĢã‚ĸãƒŗトãƒŦプãƒŦナãƒŧです。

しかし、æ—ĨæœŦではそぎようãĒįĩŒé¨“をしたäēēはぞだ少ãĒいįŠļæŗã§ã™ã€‚そんãĒįŠļæŗãŽä¸­ã€ãƒ‡ã‚Ģã‚ŗãƒŧãƒŗをį”Ÿãŋå‡ēしãĻいくというé›Ŗ問をč§Ŗくåŋ…čĻãŒã‚りぞす。

4.4  おぎ領域を掘るか

į´”į˛‹ãĒITぎ領域はäģŽčĒŦ検č¨ŧぎã‚ŗ゚トがäŊŽãã€æŠŸäŧšãŒãŸãã•ã‚“įœ ãŖãĻいるįŠļæŗã§ã‚れば、違う場所を掘りįļšã‘ã‚‹ã“ã¨ã§ã€ã„ãšã‚Œé‡‘č„ˆãĢč‡ŗることも可čƒŊでした。しかもæĩ…いところãĢ抟äŧšãŒåŸ‹ãžãŖãĻいればãĒおさらです。こぎ場合、č‹Ĩč€…ãŽčĄŒå‹•åŠ›ãŒæ´ģきるįŠļæŗã ãŖãŸã¨č¨€ãˆã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚

しかしあるį¨‹åēĻ掘られãĻしぞãŖãŸã‚ã¨ã ã¨ã€č‰¯ã„é‰ąč„ˆãĢč‡ŗるįĸēįŽ‡ã¯ãŠã†ã—ãĻも下がãŖãĻしぞいぞす。

単ãĢ「åŊ“たりを掘れる」įĸēįŽ‡ãŒä¸‹ãŒãŖただけであり、可čƒŊ性がã‚ŧロというわけではありぞせん。ã‚ŋイミãƒŗグãĢよãŖãĻは大きãĒæŗĸがæĨることもありぞすīŧˆãŸã¨ãˆã°ECが大きく変わる可čƒŊ性ãĒおもあると思ãŖãĻいぞすīŧ‰ã€‚初期投čŗ‡ãŽäŊŽã„ITでぎčĩˇæĨ­ã¯ãžã įļšãã§ã—ょう。とはいえ、手あたりæŦĄįŦŦ掘ãŖãĻいくæˆĻį•Ĩだと、垓æĨã‚ˆã‚Šã¯é‡‘č„ˆãĢåŊ“たる可čƒŊ性は嚴々äŊŽãã¯ãĒãŖãĻいくでしょう。

掘る場所、たとえばäē‹æĨ­é ˜åŸŸã‚’変えることで、æˆĻį•ĨをそぎぞぞãĢã€é‡‘č„ˆãĢč‡ŗることもできるでしょう。そぎ時々ãĢ新しいトãƒŦãƒŗドらしきもぎは常ãĢありぞす。そぎトãƒŦãƒŗドがįŸ­å‘ŊãĢįĩ‚ã‚ã‚‹ãŽã‹ã€é•ˇæœŸãĢãĒるぎかを判断するåŋ…čĻã¯ã‚りぞすが、いずれãĢせよチãƒŖãƒŗ゚がãĒいわけではありぞせん。

ただ、5嚴前と同じ場所を、5嚴前ぎæˆĻį•ĨをそぎぞぞäŊŋãŖãĻ掘ãŖãĻいãĻも、ãĒかãĒかうぞくいかãĒいだろうとは感じãĻいぞす。

4.5  ぞとめると

これらをįˇã˜ãĻč€ƒãˆã‚‹ã¨ã€čĢ¸å¤–å›ŊãĢ比ずãĻぞだ十分ãĢエã‚ŗã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ãŒæˆį†Ÿã—ãĻいãĒいãĢもé–ĸã‚ã‚‰ãšã€ã“ã‚Œãžã§ã‚ˆã‚Šä¸€æĄä¸ŠãŽčĒ˛éĄŒãĢおう挑æˆĻしãĻいくかが、æœŦæ ŧįš„ãĢæ—ĨæœŦぎ゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップエã‚ŗã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ãŽã‚ĸジェãƒŗダãĢãĒãŖãĻきãĻいるぎではãĒいかと思いぞす*9。

 

5     これからぎã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧ

これぞでæ—ĨæœŦãŽčŠąã‚’ã—ãĻいぞしたが、äŧŧたようãĒ変化がæĩˇå¤–でもčĩˇã“ãŖãĻいるぎではãĒいかと思いぞす。そぎįĩæžœã€å†’é ­ãĢあげた、æĩˇå¤–ぎã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧぎ成果も変わãŖãĻきたぎではãĒいかと思いぞす。

これぞでぎ変化、そしãĻčĩˇã“ãŖãĻいãĒã„å¤‰åŒ–ã‚’č€ƒãˆã‚‹ã¨ã€æ—ĨæœŦぎ支援側やã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧも変わãŖãĻいくフェãƒŧã‚ēãĢãĒãŖãĻいるぎかãĒと感じãĻいぞす。

しかも、æ—ĨæœŦã§æą‚ã‚ã‚‰ã‚ŒãĻいる゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップがデã‚Ģã‚ŗãƒŧãƒŗã¨ã„ã†ä¸€æĄå¤§ããĒ成功ãĢãĒãŖãĻきãĻいるぎであれば、æ—ĨæœŦぎ支援側は非é€Ŗįļšįš„ãĒäŊ•ã‹ãĢ取りįĩ„ぞãĒければ、そぎ期垅ãĢåŋœãˆã‚‰ã‚ŒãĒいぎではãĒいかと思ãŖãĻいぞす。

ããŽã¨ããŽæ–šå‘æ€§ã‚’ã„ãã¤ã‹č€ƒãˆãĻいぞす。

5.1 ãŠãŽå¤‰æ•°ã‚’ä¸Šã’ã‚‹ã‹ã‚’č€ƒãˆã‚‹

全äŊ“を数でčĻ‹ãĻãŋると、エã‚ŗã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ å…¨äŊ“としãĻčĻ‹ãŸã¨ããŽã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップへぎ投čŗ‡ãƒĒã‚ŋãƒŧãƒŗは、

ãƒĒã‚ŋãƒŧãƒŗ īŧã€€ãƒã‚¤ã‚°ãƒ­ãƒŧã‚šã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎčĩˇæĨ­åŽļぎ数 × 打įŽ‡ã€€Ã— ホãƒŧムナãƒŗぎ大きさ

ã¨č€ƒãˆã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚ãã‚Œãžã‚ŒãŽčĩˇæĨ­åŽļぎ挑æˆĻはãƒĒ゚ペクトしたうえで、あくぞで数としãĻčĻ‹ãŸã‚‰ã€ã¨æ€ãŖãĻください。

こぎ中ぎčĻį´ ã§ãŠã‚Œã‚’上げやすいか、とãŋたとき、掋åŋĩãĒがらčĩˇæĨ­åŽļぎ数がæ€Ĩæŋ€ãĢåĸ—える可čƒŊ性はį›´čŋ‘ではあぞりãĒいようãĢ思いぞす。į€åŽŸãĢ上げãĻいくことはできぞすが、äēēぎキãƒŖãƒĒã‚ĸ選åĨŊが数嚴で大嚅ãĢ変わるということはãĒいからです。

ぞた、į§ãŸãĄã‚‚é•ˇåš´č‰˛ã€…ã‚„ãŖãĻきぞしたが、čĩˇæĨ­åŽļぎ数ぎåĸ—加はæœŦåŊ“ãĢé›Ŗしいという原感がありぞす。

とãĒると、打įŽ‡ã‹ãƒ›ãƒŧムナãƒŗぎ大きさぎ変数を大きくすることが、įŸ­æœŸįš„ãĢはできることです。

5.2  より旊いフェãƒŧã‚ēからäģ‹å…Ĩする

打įŽ‡ã¨ãƒ›ãƒŧムナãƒŗぎ大きさを上げるãĢはäŊ•ãŒåŋ…čĻãĒãŽã‹ã‚’č€ƒãˆãŸã¨ãã€čĩˇæĨ­ãŽæ—ŠæœŸæŽĩ階からぎ支援ぎåŋ…čĻæ€§ãŒåĸ—しãĻくるぎではãĒいかと思いぞす。

Y Combinator はデã‚Ģã‚ŗãƒŧãƒŗがį”Ÿãžã‚Œã‚„すいã‚ĸãƒĄãƒĒã‚Ģ市場、かつäģ•įĩ„ãŋとしãĻもうぞくいãŖãĻいぞすが、äģ–ぎ北įąŗぎã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧぎパフりãƒŧマãƒŗã‚šãĒおをčĻ‹ãĻãŋると、Y Combinator äģĨ外はč‹ĻæˆĻしãĻいぞす。ここからã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧぎ「やり斚」č‡ĒäŊ“ã‚’č€ƒãˆį›´ã™åŋ…čĻãŒã‚るようãĢ思ãŖãĻいぞす。

さらãĢæ—ĨæœŦは掋åŋĩãĒがら、č‡Ēį„ļとしたčĩˇæĨ­ãŒãƒ‡ã‚Ģã‚ŗãƒŧãƒŗãĢãĒる市場ではありぞせん。そぎ場合、最初から意å›ŗįš„ãĢデã‚Ģã‚ŗãƒŧãƒŗをį‹™ãŖãŸč¨­č¨ˆãĢしãĻいくåŋ…čĻãŒã‚りぞす。しかし、最初からそれを意å›ŗįš„ãĢį‹™ãˆã‚‹åˆå›žčĩˇæĨ­ãŽčĩˇæĨ­åŽļはãģとんおいãĒいでしょう。

さらãĢ「デã‚Ģã‚ŗãƒŧãƒŗãĢãĒるようãĒã‚ĸイデã‚ĸで、かつ凄いチãƒŧムでãĒいと投čŗ‡ã•ã‚ŒãĒい」という傞向がåŧˇããĒると、投čŗ‡ã•ã‚Œã‚‹ãƒãƒŧムへぎハãƒŧドãƒĢはかãĒりéĢ˜ããĒりぞす。そこでチãƒŧミãƒŗグもåĢめãĻ支援するåŋ…čĻæ€§ãŒåĸ—しãĻきぞす。

そうãĒると、これぞでぎã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧはあくぞで「支援」や「投čŗ‡ã€ãŒä¸ģでしたが、č‡Ēら「äŊœã‚‹ã€å´ãĢもãŖと寄ãŖãĻいかãĒければ、十分ãĒクã‚ĒãƒĒテã‚Ŗぎã‚ĸイデã‚ĸを有するčĩˇæĨ­ã¯æ—Šã€…į”Ÿãžã‚ŒãĒいぎではãĒいかと思ãŖãĻいぞす。

ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã“ã‚Œã¯ã‹ãĒりé›Ŗしいことで、できるとは限りぞせんし、æ—ĨæœŦでぎ支援側ぎčŗĒぎäŊŽã•ãŒåēĻ々指摘されãĻいるところãĒぎで、可čƒŊかおうかも分かりぞせん。ただ、äŧ¸ã°ã›ã‚‹å¤‰æ•°ã‚’č€ƒãˆã‚‹ã¨ã€ãã“ã‚’ã‚„ãŖãĻいくしかãĒいぎではãĒいかと思いぞす。

より前ぎフェãƒŧã‚ēãŽæ”¯æ´ã‚’æ‹Ąå……ã™ã‚‹ã“ã¨ãŒåŋ…čĻīŧŸ

原際、į§ãŽæ‹…åŊ“しãĻいる FoundX でぎ支援は、より前ぎæŽĩ階へ前ぎæŽĩ階へとおんおんとį§ģ動しãĻきãĻいぞす。īŧˆãŧかしをå…ĨれãĻいぞすが、äŊ•åēĻもäŊ•åēĻã‚‚ãƒ—ãƒ­ã‚°ãƒŠãƒ å†…åŽšã¨å¯žčąĄã‚’å¤‰æ›´ã—ãĻčŠĻčĄŒéŒ¯čĒ¤ã—ãĻきãĻいぞす。čĩ¤č‰˛ã§åĄ—りつãļしãĻいるもぎが、そぎåŊ“時ぎ新しい取りįĩ„ãŋです。おんおんと前側ぎ支援をåŧˇåŒ–しãĻいることがãĒんとãĒく分かるかと思いぞす。īŧ‰

ã‚ˆã‚Šå…ˇäŊ“įš„ãĢは「ã‚ĸイデã‚ĸ支援」や「äēē材マッチ」、「EIR (Entrepreneur in Residence)」や 「Startup Studio」といãŖた様々ãĒ「ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧぎ前æŽĩ階」ぎ支援į­–が投čŗ‡åŽļぎįš†ã•ã‚“ぎ動きとしãĻį›ŽįĢ‹ãĄå§‹ã‚ãĻいるようãĢ思いぞす。支援側がいわゆる Company Creation といãŖた単čĒžã‚’äŊŋい始めãĻいるからです。

原際、たとえば、Climate Tech であれば、全くæĨ­į•ŒįĩŒé¨“がãĒいäēēがã‚ĸイデã‚ĸぎį€æƒŗを持つぎはé›Ŗしいでしょう。そこで、最įĩ‚įš„ãĢはピボットする前提でも、最初ぎヒãƒŗトãĢãĒるようãĒã‚ĸイデã‚ĸを提䞛しãĒがら、デã‚Ģã‚ŗãƒŧãƒŗãĢãĒれるようãĒデã‚ŖãƒŦã‚¯ã‚ˇãƒ§ãƒŗをしãĻいくようãĒ取りįĩ„ãŋが様々ãĒįĩ„įš”ã§čĄŒã‚ã‚Œå§‹ã‚ãĻいるようãĢ思いぞす。

そしãĻč‰¯ã„ã‚ĸイデã‚ĸがあればčĩˇæĨ­ã—たい、と思ãŖãĻいるäēēは、æ—ĨæœŦå›Ŋ内ぎã‚ĩãƒŧãƒãƒ•ã‚Ąãƒŗドぎ隆į››ãĒおをčĻ‹ãĻいると意外と多いぎではとも思ãŖãĻいぞす。

世į•Œįš„ãĢčĻ‹ãĻもそぎようãĒæĩã‚ŒãŒã‚りぞす。Global Accelerator Network (įž Morrow) も最čŋ‘ Global Startup Studio Network をäŊœã‚Šã€Studio ãƒĸデãƒĢã‚’æ¨Ąį´ĸしãĻいるところが多くãĒãŖãĻいるようです。į‰šãĢ EU ãŽå‰˛åˆãŒåĸ—えãĻきãĻいるようで、それはįąŗå›ŊãĢ比ずたときぎčĩˇæĨ­åŽļぎ少ãĒさãĢčĩˇå› ã—ãĻいるからではãĒいかと思いぞす。

ã“ã†ã—ãŸåˆæœŸã‹ã‚‰ãŽæ”¯æ´ãŽãƒ‡ãƒĄãƒĒットは、ã‚ĸクã‚ģナãƒŦãƒŧã‚ŋãƒŧãĢ比ずるとį›¸åŊ“イãƒŗハã‚Ļ゚ぎã‚ŗ゚トがかかることです。ぞたそもそも支援側ãĢããŽã‚ąã‚¤ãƒ‘ãƒ“ãƒĒテã‚ŖãŒã‚ã‚‹ãŽã‹ã¨ã„ã†ã¨ãžã ãžã ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚ãŸã æĄãŽé•ã†æˆæžœã‚’ä¸Šã’ã‚‹ãĢã¯ã€ããŽãƒ‡ãƒĄãƒĒットやé›Ŗしさを䚗りčļŠãˆãĻ、新しいäŊ•ã‹ãĢ挑æˆĻしãĻいくことがåŋ…čĻã¨ã•ã‚ŒãĻいるぎではãĒいかと感じãĻいぞす。

 

ぞとめ

ãƒ•ã‚Ąãƒŗドã‚ĩイã‚ēが大きくãĒり、æ—ĨæœŦぎ゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップエã‚ŗã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ãĢ寞するå›Ŋからぎ期垅がéĢ˜ãžãŖãĻいる中、そぎ期垅ãĢåŋœãˆã‚‹ãĢはかãĒりぎ゚トãƒŦッチがåŋ…čĻãĢãĒãŖãĻきãĻいぞす。

č‡Ēį„ļとčĩˇæĨ­ã™ã‚‹äēēが少ãĒく、さらãĢ北įąŗãĢæ¯”ãšã‚‹ã¨ã‚ˇãƒĒã‚ĸãƒĢã‚ĸãƒŗトãƒŦプãƒŦナãƒŧはもãŖと少ãĒいįŠļæŗã§ã‚り、ãƒĻニã‚ŗãƒŧãƒŗをį”Ÿã‚€ã“とすらぞだ十分ãĢ達成できãĻã„ã‚‹ã¨ã¯č¨€ãˆãĒいįŠļæŗã§ã™ã€‚そんãĒ中で、エã‚ŗã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ å…¨äŊ“としãĻ1æĄä¸ŠãŽæŒ‘æˆĻをしãĒければãĒらãĒいというぎが、äģŠå›žãŽæŒ‘æˆĻです。

ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップエã‚ŗã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ãŽä¸­åŋƒã¯ã‚くぞでčĩˇæĨ­åŽļであるずきだと思ãŖãĻいぞす。ただ、エã‚ŗã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ å…¨äŊ“としãĻ、そぎ挑æˆĻを支援するためぎäģ•įĩ„ãŋãĨくりを攚めãĻč€ƒãˆį›´ã™ã‚ŋイミãƒŗグではãĒã„ã‹ã¨æ€ã„ã€č¨˜äē‹ã¨ã—ãĻぞとめãĻおきぞす。

*1:初期ぎ Y Combinator | by Taka Umada | Medium や Y Combinator はおぎようãĢしãĻ始ぞãŖたぎか ãĒおを参į…§

*2:らいおんぎ隠れåŽļ : ポãƒŧãƒĢãƒģグãƒŦã‚ĸム「äģŠåš´ãŽå¤ãĢしたこと」 - livedoor Blogīŧˆãƒ–ログīŧ‰ã‹ã‚‰ã€‚

*3:ãĒお、こぎäģŽčĒŦãŽčƒŒæ™¯ãĢは、Paul Graham ぎハッã‚ĢãƒŧãĢ寞する思いもあãŖたぎではãĒã„ã‹ã¨č€ƒãˆãĻいぞす。2000嚴前垌ぎドットã‚ŗムバブãƒĢãĢおいãĻは、MBAやビジネ゚ã‚ĩイドぎäēēが中åŋƒãĢã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップをį‰Ŋåŧ•ã—ãĻいぞした。Paul Graham はそれãĢ寞するã‚ĸãƒŗチテãƒŧã‚ŧ、つぞりハッã‚Ģãƒŧでもビジネ゚をå­Ļんで、čĩˇæĨ­ã§ãã‚‹ã¨ã„ã†č€ƒãˆãŒã‚ãŖたぎではãĒいかと、åŊŧãŽč¨˜äē‹į­‰ã‚’čĒ­ã‚“でいると思いぞす。

*4:ãĒお、1つぎé€ŖæēでかãĒã‚ŠãŽé‡‘éĄã‚’ãƒ•ã‚ŖãƒŧとしãĻå–ã‚‹ã¨ã„ã†čŠąã‚‚čžã„ãĻãŠã‚Šã€ã‚€ã—ã‚ããĄã‚‰ã§å„˛ã‘ãĻいるぎでは、という気すらしぞす。

*5:2023嚴上半期ぎデãƒŧã‚ŋでは9459億円とãĒãŖãĻおり、さらãĢåĸ—えãĻいぞす。ただ2013嚴と比čŧƒã§ããĒいため、古いデãƒŧã‚ŋぎグナフをį”¨ã„ãĻいぞす。

*6:VC 3x fund size ãĒおで検į´ĸしãĻãŋãĻãã ã•ã„ã€‚ãŸã¨ãˆã°ã“ãŽč¨˜äē‹ãĒお。

*7:ãŸã¨ãˆã°č€čˆ—VCぎGlobis Capital PartnersãŽč¨˜äē‹ãĒお: デã‚Ģã‚ŗãƒŧãƒŗå‰ĩå‡ēへとįļšãã€æ—ĨæœŦぎ゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップが変わãŖた10嚴――テクノベãƒŧトįĩŒå–ļį ”įŠļæ‰€č¨­įĢ‹č¨˜åŋĩ į‰šåˆĨ寞čĢ‡ #1 | GLOBIS įŸĨčĻ‹éŒ˛

*8:そうしたことをéŋけるためãĢã€ãƒ•ã‚Ąãƒŗドã‚ĩイã‚ēをãĒるずく大きくしãĒい、というæˆĻį•Ĩを取るVCもいぞす。たとえばã‚ĸãƒŧãƒĒãƒŧãĢį‰šåŒ–する Benchmark Capital ãĒおは常ãĢ $500M ãã‚‰ã„ãŽãƒ•ã‚Ąãƒŗドã‚ĩイã‚ēです。

*9:ただ、こうしたã‚ĸジェãƒŗダãĢ寞するæĩˇå¤–投čŗ‡åŽļぎ意čĻ‹ã¯ã€ãã“ãžã§č‚¯åŽšįš„ではãĒã„ã¨ã„ã†ã“ã¨ã‚’čžããžã™ã€‚æĩˇå¤–投čŗ‡åŽļからは「十分ãĢ大きãĒ市場を持つæ—ĨæœŦで勝ãĻã°č‰¯ã„ã€ã¨č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã“ã¨ã‚‚ã‚ã‚‹ã€ãĒおです。

たしかãĢ5åš´ãĒおぎįŸ­æœŸã§åˆŠį›Šã‚’最大化しようとすれば、å›Ŋ内ぎ市場ãĢ集中した斚がįĸē原性もéĢ˜ãã€æˆé•ˇã‚‚できるもしれぞせんīŧˆããŽæŠ•čŗ‡åŽļãĢとãŖãĻは、5åš´äŋæœ‰ã™ã‚‹ãŽã¯ååˆ†ãĢé•ˇæœŸãĢčĻ‹ãˆã‚‹ã‹ã‚‚しれぞせんがīŧ‰ã€‚

ただ10åš´ã‚„20嚴でčĻ‹ãŸã¨ãã‚„å›ŊとしãĻčĻ‹ãŸã¨ããĢは、å›Ŋ内市場はãģãŧ間違いãĒく小さくãĒãŖãĻã„ãã“ã¨ã‚’č€ƒãˆã‚‹ã¨ã€å›Ŋ内市場だけをį‹™ã†ãŽã¯ããŽæĩˇå¤–投čŗ‡åŽļぎ刊į›Šã‚’æœ€å¤§åŒ–ã™ã‚‹åą€æ‰€æœ€éŠč§ŖぎようãĢも思いぞすし、一äŧæĨ­ãĢとãŖãĻもグロãƒŧバãƒĢåą•é–‹ã‚’ä¸Šå ´å‰ãĢするぎか、上場垌ãĢã™ã‚‹ãŽã‹ã€ãŠãĄã‚‰ãŒã‚„ã‚Šã‚„ã™ã„ãŽã‹ã€ã¨ã„ãŖãŸå•éĄŒã§ã¯ãĒいかと思いぞす。

選ãŗ斚と寊æŸģぎイノベãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗ

劊成金やčŗžãĒおぎ寊æŸģå“Ąã‚„čŠ•äžĄå§”å“Ąã¨ã—ãĻé–ĸわることがありぞす。そこで感じãĻいるぎは、選ãŗæ–šãĢもイノベãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗがåŋ…čĻã§ã¯ãĒいかということです。

 

į§ãŸãĄã¯ã€ã€Œé¸ãļ」ことãĢ寞しãĻあぞりæŗ¨æ„ã‚’払ãŖãĻいぞせん。į‰šãĢ「選ãļためぎプロã‚ģ゚」や「選ãŗ斚」ãĢついãĻは、多数æąēや、各äēēぎ゚ã‚ŗã‚ĸãƒĒãƒŗグぎčļŗしįŽ—ã‚’åšŗ均するãĒおしãĻ順äŊã‚’つける、といãŖた斚æŗ•ã‚’æŽĄį”¨ã—ãŒãĄã§ã™ã€‚

しかし、こぎ選ãŗ斚でよいぎか、というį–‘įžŠãŒæ˜¨äģŠį¨‹ã•ã‚ŒãĻおり、様々ãĒææĄˆãŒãĒされãĻいぞす*1。たとえば選挙では、くじåŧ•ãã‚’å°Žå…Ĩすることや、äēŒæŦĄãŽæŠ•įĨ¨ (Quadratic Voting) ãĒおが有名です。į§‘å­Ļぎ劊成金でもナãƒŗダムãĢ劊成するナãƒŗãƒ€ãƒ ãƒ•ã‚Ąãƒŗデã‚ŖãƒŗグがčŠĻされãĻいぞす。担åŊ“č€…ãŒæœ€åžŒãžã§éĸ倒をčĻ‹ã‚‹ã“とを前提ãĢ、野įƒãŽãƒ‰ãƒŠãƒ•ãƒˆåˆļåēĻぎようãĒã‚‚ãŽã§æŽĄæŠžč€…ã‚’é¸ãļåŠŠæˆé‡‘ã‚‚ã‚ã‚‹ã¨čžããžã™ã€‚

同様ãĢ、į ”įŠļ開į™ēčŖœåŠŠé‡‘ã‚„ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎ劊成金ぎ寊æŸģでも、こうした新しい選ãŗ斚ぎ手æŗ•ã‚’čŠĻしãĻいくことで、より遊切ãĒčŗ‡é‡‘配分ができるぎではãĒいかと感じãĻいぞす。

 

例īŧ‰J-Startup 

たとえば J-Startup をčĻ‹ãĻãŋぞしょう。

J-Startup は寊æŸģå“ĄãĢよる推č–Ļåˆļã‚’æŽĄį”¨ã—ãĻいぞす。推č–Ļå§”å“ĄãĢよる5į¤žãšã¤ãŽæŽ¨č–Ļと、それぞれぎ推č–Ļぎ重ãŋãĨけがãĒされぞす*2。そしãĻ過åŽģぎ原į¸žãĒãŠã‚’č€ƒæ…Žã—ãĒがらįĩžã‚Ščžŧぞれるそうです。

2021嚴ぎčŗ‡æ–™ã‹ã‚‰æŠœį˛‹ https://www.meti.go.jp/press/2021/10/20211020004/20211020004-2.pdf

こぎäģ•įĩ„ãŋぎ場合、äģĨ下ぎようãĒãƒ‡ãƒĄãƒĒットがありぞす。

  • 推č–Ļå“ĄãĢ投čŗ‡åŽļが多いため、多数ぎ投čŗ‡åŽļã‹ã‚‰å°‘éĄãšã¤ãŽæŠ•čŗ‡ã‚’受けãĻいる゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップは、多くぎįĨ¨ã‚’集めやすく有刊ãĢãĒる。
  • 一斚、少数ぎ投čŗ‡åŽļから大åŖぎ投čŗ‡ã‚’受けãĻいる゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップや、čŗ‡é‡‘čĒŋ達をしãĻいãĒい゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップは、推č–Ļäēēが少ãĒくãĒãŖãĻ不刊とãĒる。

ぞた、とある推č–ĻäēēAぎ3äŊã¨ã€ã¨ã‚る推č–ĻäēēBぎ3äŊãŒåŒã˜ã‚šã‚ŗã‚ĸã§č‰¯ã„ãŽã‹ã€ã¨ã„ã†į–‘問もありぞす。AさんはとãĻもį‰ŠįŸĨりで、200į¤žãŽã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップをįŸĨãŖãĻいるとしãĻã€ããŽã†ãĄãŽ3äŊã‚’選んだとしぞす。一斚、BさんはæĨ­į•ŒãŽæ—Ĩがæĩ…く、10į¤žį¨‹åēĻしか゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップをįŸĨらãĒい中で3äŊã‚’選んだとしぞしょう。それぞれぎ3äŊãŽæ„å‘ŗ合いは大きく違うようãĢčĻ‹ãˆã‚‹ãŽãĢ、゚ã‚ŗã‚ĸは同じとãĒりぞす。

ã‚šã‚ŗã‚ĸがついた垌ãĢもčĒ˛éĄŒãŒã‚りぞす。こうした順äŊäģ˜ã‘ぎ手æŗ•ã‚’æŽĄį”¨ã™ã‚‹ã¨ã€å¤§æŠĩå•éĄŒãĢãĒるぎが「中ぐらいぎ順äŊã€ã‚’おうするかです。上äŊã¨ä¸‹äŊã¯å¤§äŊ“æąēぞりぞすが、ナイãƒŗをčļ…えるかおうか垎åĻ™ãĒä¸­ãã‚‰ã„ãŽčŠ•äžĄãŽã¨ã“ã‚ã‚’é€šã™ã‹é€šã•ãĒいか、といãŖたところãĢč­°čĢ–ãŽæ™‚é–“ãŒé›†ä¸­ã—ãŒãĄã§ã™ã€‚ã—ã‹ã‚‚ã‚ãšã‹ãĒåˇŽã§ã€åŊ“čŊがæąēぞりぞす。

さらãĢ、推č–Ļč€…ã¯ã™ãšãĻぎ゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップをįŸĨãŖãĻいるわけではありぞせん。おそらく5%もįŸĨらãĒい中で、推č–ĻをしãĒければãĒらず、そぎ中で順äŊäģ˜ã‘ぞでしãĒければãĒりぞせん。かといãŖãĻ、すずãĻぎ候čŖœã¨ãĒã‚‹ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップを一åēĻ推č–Ļäēēから集めたあとīŧˆæã‚‰ã200į¤žäģĨ上ãĢãĒるでしょうīŧ‰ã€æŽ¨č–Ļäēē個々äēēがそれらãĢ順äŊã‚’つける、というぎはčĒįŸĨč˛ čˇãŒéĢ˜ã™ãŽãĻé›Ŗしいでしょう。

こぎ手æŗ•ã§ã¯ã€ã„くつかぎ限į•ŒãŒã‚りぞす。こうしたįŠļæŗã‚’変えるためãĢ、おういãŖた斚æŗ•ãŒã‚るでしょうか。

 

例īŧ‰ãƒ™ã‚šãƒˆãƒ¯ãƒŧã‚šãƒˆã‚šã‚ąãƒŧãƒĒãƒŗグやペã‚ĸワイã‚ē比čŧƒã‚’äŊŋう

たとえば、ベ゚トワãƒŧã‚šãƒˆã‚šã‚ąãƒŧãƒĒãƒŗグ (BWS) をäŊŋう斚æŗ•ãŒã‚るようãĢ思いぞす。

ベ゚トワãƒŧã‚šãƒˆã‚šã‚ąãƒŧãƒĒãƒŗグは、提į¤ēされた 4 īŊž 5 į¨‹åēĻぎ選択č‚ĸãŽä¸­ã‹ã‚‰ã€Œæœ€ã‚‚č‰¯ã„ã‚‚ãŽã€ã¨ã€Œæœ€ã‚‚æ‚Ēいもぎ」だけを選択しãĻもらう斚æŗ•ã§ã™ã€‚ 

さらãĢã‚ˇãƒŗプãƒĢãĢしたもぎãĢ、ペã‚ĸワイã‚ē比čŧƒã¨ã„う手æŗ•ã‚‚ありぞす。これは、選択č‚ĸを2つだけ提į¤ēã—ã€ãŠãĄã‚‰ãŒč‰¯ã„ãŽã‹ã‚’é¸ãļ、というぎをįš°ã‚Ščŋ”すだけです。

 

ペã‚ĸワイã‚ē比čŧƒã‚’äŊŋう場合ぎ J-Startup ぎ寊æŸģæ–šæŗ•ã‚’č€ƒãˆãĻãŋぞしょう。

  1. 推č–Ļäēēは順äŊã‚’äģ˜ã‘ずãĢ、候čŖœã¨ãĒã‚‹ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップを5į¤žææĄˆã™ã‚‹
  2. äē‹å‹™åą€ã¯ãã‚Œã‚‰ã‚’ãƒĒ゚ト化しãĻ、ペã‚ĸワイã‚ēæŗ•ãŽãƒ„ãƒŧãƒĢãĢイãƒŗポãƒŧトする
  3. 評価者īŧˆæŽ¨č–Ļäēēでも構わãĒいīŧ‰ã¯į”ģéĸãĢ襨į¤ēされた 2 つぎ゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ãŽã†ãĄã€ã‚ˆã‚Š J-Startup ãĢ遊したと思われるもぎを選ãļ
  4. これを 100 回į¨‹åēĻįš°ã‚Ščŋ”す
  5. äē‹å‹™åą€ã¯čŠ•äžĄč€…ぎ゚ã‚ŗã‚ĸã‚’ã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ã§é›†č¨ˆã—ã€é †äŊã‚’つける

こぎ斚æŗ•ã¯å¤šæ•°æąēã‚„ã‚šã‚ŗã‚ĸãƒĒãƒŗグãĢ比ずãĻ複雑ãĒãƒĸデãƒĢãĢãĒã‚ŠãŒãĄã§ã€ã‚ŗãƒŗピãƒĨãƒŧã‚ŋがãĒいころãĢ原æ–ŊするぎはかãĒりé›ŖしかãŖたでしょう。しかしã‚ŗãƒŗピãƒĨãƒŧã‚ŋぎ力をäŊŋえばすぐãĢ計įŽ—は可čƒŊです。

原際、こぎåŊĸでぎ寊æŸģはハッã‚Ģã‚ŊãƒŗãĒãŠã§čĄŒã‚ã‚ŒãĻいぞす。100äēēäģĨ上ぎ寊æŸģå“ĄãŒ200äģĨ上ぎプロジェクトを寊æŸģする HackMIT į”¨ãĢ開į™ēされた Gavel という OSS は、これをãģãŧč‡Ē動įš„ãĢ行ãŖãĻくれるツãƒŧãƒĢです。Gavel ぎデãƒĸ動į”ģã¯ã“ãĄã‚‰ã§ã™ã€‚č€ƒãˆæ–šã¯ã“ãĄã‚‰ãŽč¨˜äē‹ãĒおでį´šäģ‹ã•ã‚ŒãĻいぞす。

 

こぎ手æŗ•ã§ã¯ã€čŠ•äžĄčģ¸ãŒæ˜ŽįĸēãĒãƒĢãƒŧブãƒĒックį­‰ãĢ比ずるとåŋœå‹Ÿč€…ãĢ寞する攚善į‚šãŽãƒ•ã‚ŖãƒŧドバックがしãĨã‚‰ã„ã¨ã„ã†ãƒ‡ãƒĄãƒĒットもありぞす。すずãĻぎ寊æŸģã‚„čŠ•äžĄãĢäŊŋえるわけではありぞせん。ぞた、æœŦ手æŗ•ãŽéŠį”¨å¯čƒŊį¯„å›˛ãĢついãĻは、ぞだį ”įŠļされãĻいる途中で、間違ãŖãĻいる可čƒŊ性もありぞす。īŧˆį§ãŽį†č§Ŗが間違ãŖãĻいたらご指摘下さいīŧ‰

 

åˆĨãŽæĄäģļでぎ寊æŸģでは、įžįŠļãŽčŠ•äžĄé …į›Žã”とぎ゚ã‚ŗã‚ĸãƒĒãƒŗグが遊する場合もあれば、äēŒæŦĄãŽæŠ•įĨ¨ (Quadratic Voting) や、それをåŋœį”¨ã—た Quadratic Funding が遊した場合もあるかもしれぞせん。

ただ、こうした選ãŗ斚ぎãƒĢãƒŧãƒĢを変えるだけで、選ばれるäŧæĨ­ã¯å¤§ããå¤‰ã‚ãŖãĻくるはずです。

 

寊æŸģぎプロã‚ģã‚š

ここぞでは選ãŗæ–šããŽã‚‚ãŽãŽč­°čĢ–でしたが、寊æŸģぎためぎプロã‚ģ゚も攚善が可čƒŊです。

įžåœ¨ãŽåŠŠæˆé‡‘ã¯ã€å…¨å“ĄãŒå¤§é‡ãŽãƒ‰ã‚­ãƒĨãƒĄãƒŗトをį”¨æ„ã—ãĻåŋœå‹Ÿã™ã‚‹ã€ã¨ã„うåŊĸãĢãĒãŖãĻいぞす。受かãŖたäēēãŸãĄã¯č‰¯ã„ã‚‚ãŽãŽã€čŊãĄãŸäēēãŸãĄã¯ããŽåŠĒ力がすずãĻį„Ąé§„ãĢãĒるということãĢãĒりぞす。

そこでたとえば NSF ぎ SBIR ãĒおだと、寊æŸģを2æŽĩ階ãĢしãĻおり、1æŽĩ階į›Žã¯įŸ­ã„ピッチ、2æŽĩ階į›ŽãĢフãƒĢãŽææĄˆæ›¸ã‚’æą‚ã‚ã‚‹ã€ã¨ã„ã†åŊĸãĢしãĻ、åŋœå‹Ÿč€…ãŽč˛ æ‹…ã‚’čģŊ減しãĻいぞす。FoundX でも同じようãĒäģ•įĩ„ãŋを取ãŖãĻ、ãĒã‚‹ãšãč˛ æ‹…ã‚’čģŊ減するようãĢしãĻいぞす。ぞた、1æŽĩ階į›Žã‚’「æ—ĸ存ぎčŗ‡æ–™ã‚’送ること」だけãĢしãĻ、2æŽĩ階į›ŽäģĨ降ãĢよりčŠŗį´°ãĢčžãã€ã¨ã„ã†ã“ã¨ã‚‚ã§ãã‚‹ã‹ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚

ã“ãŽãƒ‡ãƒĄãƒĒットは寊æŸģ側ぎåˇĨ数がかかることと、寊æŸģãĢčĻã™ã‚‹æ™‚é–“ãŒé•ˇããĒること、įŸ­ã„ピッチãĒãŠãŽæƒ…å ąã ã‘ã ã¨åˆ†ã‹ã‚‰ãĒã„ã“ã¨ãŒã‚ã‚‹ã€ã¨ã„ã†ã“ã¨ã§ã™ã€‚ãŸã ããŽãƒ‡ãƒĄãƒĒットをčļ…えãĻでも、åŋœå‹Ÿč€…ãŽč˛ æ‹…ã‚’čģŊ減することができ、åŋœå‹Ÿæ•°ã‚’åĸ—ã‚„ã™ã“ã¨ãŒã§ãã‚‹ãƒĄãƒĒットがあれば、こうしたプロã‚ģã‚šã‚’æŽĄį”¨ã™ã‚‹ã“とも選択č‚ĸとしãĻありうるぎではãĒいかと思いぞす。

ただ、多æŽĩ階過ぎãĻもåŋœå‹Ÿč€…ãĢとãŖãĻč˛ æ‹…ãĒぎで、2 īŊž 3 æŽĩ階が限į•Œã§ã‚ろうとは思いぞす。

 

寊æŸģå“ĄãŽé¸ãŗæ–š

ぞた、寊æŸģå“ĄãŽé¸ãŗ斚も、選ばれるãģうãĢ大きくåŊąéŸŋしãĻããžã™ã€‚å§”å“Ąã‚’ãŠã†é¸ãļかはãģとんおäē‹å‹™åą€ãĢ䞝存し、寊æŸģįĩæžœãŽå¤§ããĒéƒ¨åˆ†ã¯å§”å“ĄãŽé¸åŽšã§æąēぞりぞす。

ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—å‘ã‘ãŽåŠŠæˆé‡‘ãŽå ´åˆã‚’č€ƒãˆãĻãŋã‚‹ã¨ã€é‡‘éĄã¯å°ã•ã„ã‚‚ãŽãŽã€åŠŠæˆå…ˆãŽäŧæĨ­ãŽæ–šå‘性を大きくæąēめぞす。初期ぎ劊成金をæąēめる寊æŸģå“Ąãģお、原はį›ŽåˆŠããŒé‡čĻãĒぎãĢ、čŗ‡é‡‘ãŒå°‘éĄã ã‹ã‚‰ã¨ã€į›ŽåˆŠããŒã§ãã‚‹äēēがã‚ĸã‚ĩイãƒŗされることはそこぞで多くãĒいようãĢčĻ‹ãˆãžã™ã€‚ぞた、そもそも劊成金ぎčļŖ旨をį†č§ŖしãĻ寊æŸģをしãĻいるäēēがおれだけいるぎか、というぎもį–‘問を持つときがありぞす。

å°‘éĄã ã‹ã‚‰é‡čĻã§ã¯ãĒく、多くぎ数をčŖœåŠŠã§ãã‚Œã°č‰¯ã„ã¨č€ƒãˆã‚‹ãŽã§ã‚ã‚Œã°ã€ã‚ã‚‹į¨‹åēĻぎčļŗ切りをしたうえで、ナãƒŗダムãĢãƒ•ã‚Ąãƒŗデã‚ŖãƒŗグするとよりæĨŊãĢãĒり、å…Ŧæ­ŖãĢもãĒるぎではãĒいかと思いぞす。

ぞた、VC ã‚‚ã‚ˇãƒŧドæŽĩ階であればあるãģお、äēēをčĻ‹ãĻ投čŗ‡ã™ã‚‹ã“ã¨ãŒå¤šã„ã“ã¨ã‚’č€ƒãˆã‚‹ã¨ã€å¤šæ•°æąēã‚„ã‚šã‚ŗã‚ĸãƒĒãƒŗグよりはドナフトåˆļåēĻãĢしãĻ、様々ãĒčĻ–į‚šã§æŽĄæŠžã§ãã‚‹ã‚ˆã†ãĢčĄŒã„ã€æŽĄį”¨ã—たあとãĢもč˛Ŧäģģを持ãŖãĻもらう、という手もありそうです。

 

ぞとめ

čĩˇæĨ­åˆæœŸãŽåŠŠæˆé‡‘はäŧæĨ­ãŽį”Ÿæ­ģãĢé–ĸわりぞす。ハãƒŧドã‚Ļェã‚ĸがįĩĄã‚€ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップは、最初ãĢ劊成金が取れãĒいと、äē‹æĨ­ãŒé€˛ãžãĒいことも多くありぞす。ぞたčŖœåŠŠé‡‘ぎ原čŗ‡ã¯į¨Žé‡‘であり、劊成金ぎį›Žįš„ãĢ明らかãĢåˆč‡´ã—ãĒいäŧæĨ­ãĢčŖœåŠŠé‡‘がå‡ēされãĻいると、一個äēēとしãĻもおかしさを感じぞす。

ぞだぞだįžįŠļぎãƒĢãƒŧãƒĢで攚善も可čƒŊですが、選ãŗæ–šč‡ĒäŊ“を変えることで、大きく変わる可čƒŊ性もあると思い、æœŦį¨ŋãĢ䞋としãĻぞとめãĻおきぞす。

ぞたこうした「選ãŗ斚」ãĢついãĻ、Quadratic Voting į­‰ãŒææĄˆã¯ã•ã‚ŒãĻいるもぎぎ、選挙åˆļåēĻを大きく変えるぎはé›ŖしいというぎがįžįŠļでしょう。そこでこうした劊成金į­‰ãŽé¸ãŗ斚を変えるところから始めãĻ、そうした手æŗ•ãŽæœ‰åŠšæ€§ã‚’įĸēかめãĻãŋる、というはありãĒぎではãĒいかと思いぞす。

 

ãĒお、「選んだあと」、つぞり劊成金ぎ運į”¨ãĢついãĻも様々ãĒ攚善が可čƒŊだと感じãĻいぞす。それãĢé¸æŠžã¨ããŽåžŒã¯čĄ¨čŖä¸€äŊ“です。たとえば、選んだあとぎ゚テãƒŧã‚¸ã‚˛ãƒŧトãĒおをåŽŗしくすることができれば、寊æŸģをįˇŠã‚ã‚‹ã¨ã„うことも可čƒŊだからです。

こうした「選んだあと」ãĢついãĻãŽč­°čĢ–はåˆĨぎ抟äŧšãĢčĄŒã„ãŸã„ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚

*1:『多数æąēをį–‘う』ãĒおも参į…§ã—ãĻください。

*2:開į¤ē: åŸˇį­†č€…は 2022 åš´åēĻから J-Startup 推č–Ļå§”å“Ąã¨ã—ãĻ参加しãĻいぞす。そぎ際、選ãŗæ–šãĢついãĻはäē‹å‹™åą€ãĢフã‚ŖãƒŧドバックをしãĻいぞす。

「イãƒŗパクト」と「゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップ」ぎ整į†

į¤žäŧšįš„イãƒŗパクト、ã‚Ŋãƒŧã‚ˇãƒŖãƒĢイãƒŗパクト、あるいはそれらをį•ĨしãĻイãƒŗãƒ‘ã‚¯ãƒˆã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŒã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎį•Œéšˆã§ã‚‚取り上げられるようãĢãĒりぞした。ぞた「į¤žäŧščĒ˛éĄŒãŽč§Ŗæąē」と「持įļšå¯čƒŊãĒæˆé•ˇã€ã‚’ä¸ĄįĢ‹ã—、ポジテã‚ŖブãĒåŊąéŸŋをį¤žäŧšãĢ与える゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップであるとされる『イãƒŗパクト゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ã‚‚å‡ēãĻきãĻいぞす。

ただ、こぎ「イãƒŗãƒ‘ã‚¯ãƒˆã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŒæŒã¤æ„å‘ŗは多įžŠįš„ãĒようãĢčĻ‹ãˆã€ã‹ã¤ã€Œã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ã‚‚å¤šįžŠįš„ãĢãĒãŖãĻいるäģŠã€ãã‚Œãžã‚ŒãŽč¨€č‘‰ã‚’少しæŗ¨æ„ã—ãĻį”¨ã„ãĒã‘ã‚Œã°č­°čĢ–が噛ãŋ合わãĒくãĒãŖãĻくる場éĸがåĸ—えãĻくるぎではãĒいかと懸åŋĩしãĻいぞす。

そこで、「イãƒŗパクト」と「゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ã€ãŽč¨€č‘‰ãĢぞつわる意å‘ŗãĢついãĻ、īŧˆæã‚‰ãé–ĸäŋ‚č€…ãŽé–“ã§ã¯ã•ã‚“ã–ã‚“č­°čĢ–されãĻきãĻいるぎだろうとは思いぞすが、īŧ‰č‡Ē分ぎ頭ぎ整į†ã‚‚å…ŧねãĻ記äē‹ãĢしãĻおきぞす。

 

「イãƒŗパクト」からæƒŗčĩˇã•ã‚Œã‚‹ã‚‚ぎ

「į¤žäŧšįš„イãƒŗãƒ‘ã‚¯ãƒˆã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ã‚’čžã„ãĻ、įš†ã•ã‚“はäŊ•ã‚’æƒŗčĩˇã•ã‚Œã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†ã‹ã€‚æ•™č‚˛ã‚„åŒģį™‚、į’°åĸƒå•éĄŒãĒおを思いæĩŽã‹ãšã‚‹äēēが多いかもしれぞせん。

イãƒŗãƒ‘ã‚¯ãƒˆã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŒį¤ēすもぎ、これはおうやらį¤žäŧšãĢよãŖãĻį•°ãĒるようです。

たとえばイãƒŗパクト投čŗ‡ãŽåŽŸį¸žã‚’čĻ‹ãĻãŋると、グロãƒŧバãƒĢでは「エネãƒĢã‚Žãƒŧã€ã€Œé‡‘čžã€ã€ŒæŖŽæž—」が上äŊã§ã‚り、æ—ĨæœŦでは「åĨåēˇãƒģåŒģį™‚」「åĨŗ性æ´ģčēæŽ¨é€˛ã€ã€Œæ•™č‚˛ãƒģå­č‚˛ãĻ」が上äŊãĢå…Ĩるそうですīŧˆåŋ…ずしも単į´”ãĢ比čŧƒã§ãã‚‹ã‚‚ぎではãĒい、というæŗ¨é‡ˆäģ˜ãã§ã™ãŒīŧ‰ã€‚

https://www.fsa.go.jp/singi/impact/siryou/20221028.html ぎæĻ‚čĻčŗ‡æ–™ã‹ã‚‰åŧ•į”¨

同じ単čĒžã‚’äŊŋãŖãĻいãĻも、内原がį•°ãĒる場合もありぞす。たとえば「éƒŊ市ぎčĒ˛éĄŒã€ã‚’č§Ŗæąēする手æŽĩとしãĻ、「゚マãƒŧãƒˆã‚ˇãƒ†ã‚Ŗ」がæŗ¨į›Žã•ã‚ŒãĻいぞす。こぎ「゚マãƒŧãƒˆã‚ˇãƒ†ã‚Ŗ」č§ŖæąēしようとしãĻいるčĒ˛éĄŒã¯ã€æ—ĨæœŦではäēēåŖ減少ãĢčĩˇå› ã™ã‚‹äē¤é€šįļ˛ãŽčĄ°é€€ã‚„čĄŒæ”ŋã‚ĩãƒŧビ゚į­‰ãŽį¤žäŧščĒ˛éĄŒãŒå¤šã„一斚で、ã‚ĸジã‚ĸぎ「゚マãƒŧãƒˆã‚ˇãƒ†ã‚Ŗ」はäē¤é€šãŽæˇˇé›‘č§Ŗæļˆį­‰ãŽäēēåŖåĸ—加ãĢぞつわるį¤žäŧščĒ˛éĄŒãŒå¤šã‹ãŖたりしぞす。「éƒŊ市ぎčĒ˛éĄŒã€ãĢ取りįĩ„むといãŖãĻも、それが意å‘ŗするもぎは様々だということです。

イãƒŗパクトはį¤žäŧščĒ˛éĄŒãŽč§Ŗæąēからį”Ÿãžã‚Œã‚‹ã¨ã‚‚č¨€ã‚ã‚Œãžã™ãŒã€å›Ŋが違えばį¤žäŧšã‚‚違い、į¤žäŧšãŒé•ãˆã°į¤žäŧščĒ˛éĄŒã‚‚違うぎで、こうした違いがå‡ēãĻくるぎはある意å‘ŗåŊ“į„ļでしょう。

 

「į¤žäŧšã€ãŽã‚ĩイã‚ēãĢよãŖãĻも変わるイãƒŗパクト

同様ãĢ、「į¤žäŧšã€ã‚’おぎį¨‹åēĻぎã‚ĩイã‚ē感でčĻ‹ãĻいくかãĢよãŖãĻã€æą‚ã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚¤ãƒŗパクトも変わãŖãĻくるようãĢ思いぞす。å­Ļ術įš„ãĒもぎではありぞせんが、䞋えばäģĨ下ぎようãĒ整į†ã¯ã‚りうるぎではãĒいかと思いぞす。

  • 世į•Œã‚’一つぎ「į¤žäŧšã€ã¨ã—ãĻčĻ‹ãŸã¨ããŽã€ã‚°ãƒ­ãƒŧバãƒĢãƒģイãƒŗパクト - į’°åĸƒå•éĄŒã‚„įĩļ寞įš„č˛§å›°ãĒお
  • å›Ŋīŧˆæ—ĨæœŦīŧ‰å…¨äŊ“を一つぎ「į¤žäŧšã€ã¨ã—ãĻčĻ‹ãŸã¨ããŽã€ãƒŠã‚ˇãƒ§ãƒŠãƒĢãƒģイãƒŗパクト - åŒģį™‚ã‚„æ•™č‚˛ã€į›¸å¯žįš„č˛§å›°ãĒお
  • 地域を一つぎ「į¤žäŧšã€ã¨ã—ãĻčĻ‹ãŸã¨ããŽã€ãƒ­ãƒŧã‚ĢãƒĢãƒģイãƒŗパクト - 地域äē¤é€šãŽå•éĄŒãĒお

おぎようãĒã‚ĩイã‚ē感でį¤žäŧšã‚’切り取るかで、それぞれぎčĒ˛éĄŒã¯į•°ãĒã‚‹ã¨ã„ã†ãŽã¯ã€ã“ãĄã‚‰ã‚‚åŊ“į„ļぎようãĢ思いぞす。

ロãƒŧã‚ĢãƒĢãƒģイãƒŗパクトぎįŠãŋé‡ã­ãŒã€ãƒŠã‚ˇãƒ§ãƒŠãƒĢãƒģイãƒŗパクトãĢつãĒがることもあり、それぞれが全くį‹ŦįĢ‹ã—ãĻいるというわけではありぞせん。ただ、おぎようãĒã‚ĩイã‚ē感ぎ「į¤žäŧšã€ã‚’åŋĩé ­ãĢč€ƒãˆãĻã„ã‚‹ã‹ã¯ã€č­°čĢ–する際ãĢはおäē’いがčĒč­˜ã—ãĻおくずきであろうとは思いぞす。

 

「゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップ」からæƒŗčĩˇã•ã‚Œã‚‹ã‚‚ぎ

ここぞでイãƒŗãƒ‘ã‚¯ãƒˆãŽčŠąã§ã—ãŸãŒã€ã“ã“ã‹ã‚‰ã¯ã€Œã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãĢついãĻです。

äģĨå‰ãŽč¨˜äē‹ã§ã€ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップとハイグロãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップをåŗģåˆĨしãĻæ‰ąãŖãŸæ–šãŒč‰¯ã„ãŽã§ã¯ãĒã„ã‹ã€ã¨ã„ã†č¨˜äē‹ã‚’書きぞした。゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŒã€åžã€…ãĢ「čĩˇæĨ­å…¨čˆŦ」をį¤ēすもぎãĢãĒã‚Šã¤ã¤ã‚ã‚‹ã“ã¨ãŒã€č¨€č‘‰ãŽäŊŋã„åˆ†ã‘ã‚’ææĄˆã™ã‚‹į†į”ąã§ã™ã€‚

イãƒŗパクト゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップãĢおいãĻも、゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŒæŒ‡ã—į¤ēすもぎが、

  • čĩˇæĨ­å…¨čˆŦ
  • ハイグロãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップ

ぎいずれかãĢよãŖãĻã€č­°čĢ–は変わãŖãĻきぞす。

さらãĢį¤žäŧšįš„イãƒŗパクトãĢé–ĸã‚ã‚‹č­°čĢ–では、

  • å–ļ刊
  • 非å–ļ刊

ぎčĩˇæĨ­ãŽé¸æŠžč‚ĸもå…ĨãŖãĻããŒãĄã§ã€ã“ã‚Œã‚‰ã‚‚åˆ†ã‘ãĻč€ƒãˆã‚‹åŋ…čĻãŽã‚ã‚‹å ´éĸもあるでしょう。

 

意å›ŗと時間čģ¸ãŽå•éĄŒ

さらãĢイãƒŗパクトと゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ãŽå•éĄŒã‚’ã‚„ã‚„ã“ã—ãã™ã‚‹ãŽã¯ã€ãã‚Œã‚‰ãŒã€ŒæœĒ原įžã€ã§ã‚り、「意å›ŗ」や「意思」であることです。

ぞずハイグロãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップです。こうしたäŧšį¤žã¯æ€Ĩæˆé•ˇã‚’į›ŽæŒ‡ã—ぞすが、それはぞだ原įžã—ãĻおらず、æœŦåŊ“ãĢæ€Ĩæˆé•ˇã™ã‚‹ã‹ãŠã†ã‹ã¯įžæ™‚į‚šã§ã¯åˆ†ã‹ã‚Šãžã›ã‚“。゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップであるかおうかをčĻ‹åˆ†ã‘るぎは、そぎäŧæĨ­ã‚„įĩŒå–ļč€…ãŽæ„å›ŗや意思ãĢ䞝存しぞす。

そしãĻイãƒŗパクトです。「通常ぎビジネ゚ãĢ比čŧƒã—ãĻ、į¤žäŧšįš„イãƒŗパクトを重čĻ–する」というぎも意å›ŗや意思ãĢ䞝存しぞすīŧˆãƒ­ã‚¸ãƒƒã‚¯ãƒĸデãƒĢをį”¨æ„ã—ãĻいるį­‰ã€å¤–åŊĸįš„ãĢ判断する手æŽĩもあるとは思いぞすがīŧ‰ã€‚

意å›ŗãĢ加えãĻ、時間čģ¸ãŽå•éĄŒã‚‚ありぞす。大äŧæĨ­ã§ã‚れば、すでãĢäē‹æĨ­ãĢよãŖãĻäŊ•ã‚‰ã‹ãŽå¤§ããĒį¤žäŧšįš„イãƒŗパクトをå‡ēせãĻいるはずãĒãŽã§ã€ã‚ã¨ã¯ãŠã†č¨ˆæ¸Ŧするかがä¸ģãĒį„Ļį‚šãĢãĒりぞす。しかしイãƒŗパクトをåŋ—向する゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップがぞだæ€Ĩæˆé•ˇã§ããĻいãĒã„ãŽã§ã‚ã‚Œã°ã€æŽ˛ã’ãĻいる多くぎイãƒŗパクトはぞだ原įžã•ã‚ŒãĻãŠã‚‰ãšã€ã“ãĄã‚‰ã‚‚ã€Œã‚¤ãƒŗパクトをå‡ēしたい」という意å›ŗãĢį•™ãžã‚‹ã“とが多いでしょう。そこで数嚴垌ãĢうぞくæ€Ĩæˆé•ˇã§ãã‚Œã°ã€å¤§ããĒį¤žäŧšįš„イãƒŗパクトをもたらすかもしれãĒい、という時間čģ¸ã‚’加å‘ŗしãĻ、イãƒŗパクトを持つかおうかぎ判断がåŋ…čĻãĢãĒãŖãĻきぞす。

ただでさえį¤žäŧšįš„イãƒŗパクトはæ¸ŦりãĨã‚‰ã„ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻいるぎãĢ、イãƒŗパクトをåŋ—向する゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎ場合は時間čģ¸ã‚„意å›ŗが加わることで、イãƒŗãƒ‘ã‚¯ãƒˆčŠ•äžĄã¯ã‚ˆã‚Šé›ŖしくãĒりぞす。

 

イãƒŗパクトと゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ãŽä¸Ąæ–šãŽå¤šįžŠæ€§ã‚’čļ…えãĻ

「イãƒŗパクト」と「゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップ」ぎ AND を意å‘ŗするであろう「イãƒŗパクト゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãĢは、

  • イãƒŗãƒ‘ã‚¯ãƒˆã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŽå¤šįžŠæ€§
  • ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŽå¤šįžŠæ€§

が掛けįŽ—ãĢãĒり、そこãĢさらãĢ意å›ŗや時間čģ¸ãŒåŠ ã‚ãŖãĻč­°čĢ–をややこしくしãĻã—ãžã„ãŒãĄãŽã‚ˆã†ãĢ思いぞす。

ãŸã¨ãˆã°ã€ä¸Šč¨˜ãŽæ•´į†ã ã‘でも、「イãƒŗパクト゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップ」がį¤ēすもぎは 12 パã‚ŋãƒŧãƒŗぐらいあるようãĢãĒりぞす。*1

ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€ã€Œä¸€įˇ’くたãĢč­°čĢ–しãĻã—ãžãˆã°č‰¯ã„ã€ã¨ã„ã†æ„čĻ‹ã‚‚ありぞす。「į¤žäŧšįš„イãƒŗパクトを持つčĩˇæĨ­ãŒå¤§äē‹ã€ã¨ã„ã†ãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジをå‡ēすぎであれば、ぞとめãĻしぞãŖたãģうがよいでしょう。厚įžŠãŒįˇŠã‚„ã‹ã§ã‚‚č‰¯ã„ã‚ˆã†ãĢ思いぞす。

ã—ã‹ã—ã€ã‚ˆã‚Šå…ˇäŊ“įš„で原刊ぎあるäŊ•ã‹īŧˆæ”ŋį­–ãĒおīŧ‰ã‚’č€ƒãˆã‚‹ã¨ãã¯å°‘ã—æ§˜į›¸ãŒį•°ãĒるようãĢ思いぞす。たとえばロãƒŧã‚ĢãƒĢãƒģイãƒŗパクトをåŋ—向する非å–ļ刊ぎčĩˇæĨ­ã¨ã€ã‚°ãƒ­ãƒŧバãƒĢãƒģイãƒŗパクトをåŋ—向するå–ļ刊į›Žįš„ぎハイグロãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップとでは、åŋ…čĻã¨ã•ã‚Œã‚‹æ”¯æ´ã‚‚į•°ãĒり、æ”ŋį­–ãĢ寞する意čĻ‹ã‚‚į•°ãĒるであろうと思われるため、分けãĻč­°čĢ–するずきだろうと思いぞす。

そしãĻåˆĨãŽčŠąã¨ã—ãĻ、「į¤žäŧšįš„イãƒŗパクトをį›ŽæŒ‡ã—ãĻã„ã‚‹č‰¯ã„äŧæĨ­ã ã‹ã‚‰ã€ã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップįš„ãĒæ€Ĩæˆé•ˇãžã§ã—ãĒいとしãĻも、äžŋ厜įš„ãĢ『ハイグロãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップ』とする」といãŖた、ハイグロãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŽåŽšįžŠã‚’ãšã‚‰ã—ãŸã‚Šæ‹Ąåŧĩしたりすると、ハイグロãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—å´ãŽč­°čĢ–ãŒæˇˇäšąã—ãĻしぞうこともあるでしょう。

ぞたイãƒŗパクトぎ指標ãĢついãĻも、一型ぎ指標、たとえば IRIS+ ぎようãĒ指標ã‚Ģã‚ŋログがæ—ĨæœŦぎį¤žäŧščĒ˛éĄŒãĢåˆč‡´ã—ãĻいるかといえば、ãĒかãĒかそうとは限らãĒいというぎが原情ではãĒいでしょうか。

こぎあたりは世į•Œįš„ãĢã‚‚č­°čĢ–がæąēį€ã—ãĻいるようãĢは思えず、é–ĸäŋ‚č€…ãŒã‚ˆã‚Šč‰¯ã„ã‚‚ãŽã‚’čĻ‹ã¤ã‘るためぎåŠĒåŠ›ã¨æ¨Ąį´ĸをしãĻいくåŋ…čĻãŒã‚るようãĢ思いぞすが、少ãĒくともおぎようãĒ意å‘ŗで「イãƒŗパクト」「゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ã€ã‚’č­°čĢ–しãĻいるかをäē‹å‰ãĢčĒč­˜åˆã‚ã›ã—ãĻおかãĒã„ã¨ã€č­°čĢ–ãŒæˇˇäšąã™ã‚‹ã‚ˆã†ãĢ思いぞす。

場合ãĢよãŖãĻは「グロãƒŧバãƒĢイãƒŗパクト部門」ãĒãŠãŽéƒ¨é–€åˆ†ã‘ã‚’ã—ãŸã‚Šã€ã€ŒãƒŠã‚ˇãƒ§ãƒŠãƒĢイãƒŗパクトWG」ãĒお分į§‘äŧšã‚’č¨­ã‘ãĻč­°čĢ–しãĻいくãģã†ãŒč‰¯ã„ãŽã‹ã‚‚ã—ã‚Œãžã›ã‚“ã€‚

 

æ—ĨæœŦぎ「イãƒŗパクト」

æ—ĨæœŦぎ「゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップ」、į‰šãĢäģŠæą‚められãĻいるハイグロãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎ領域ãĢおいãĻは、「į¤žäŧšįš„イãƒŗパクト」が指しį¤ēすもぎが、冒頭ãĢį¤ēしたようãĒæ—ĨæœŦãŽæ–‡č„ˆãĢåŧ•ããšã‚‰ã‚ŒéŽãŽãĒいようãĢã¯ã—ãŸæ–šãŒč‰¯ã„ã¨ã¯æ€ã„ãžã™ã€‚ãĒぜãĒら、「åĨŗ性æ´ģčēæŽ¨é€˛ã€ã€Œæ•™č‚˛ãƒģå­č‚˛ãĻ」といãŖた領域は、゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップ、į‰šãĢハイグロãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップãĢæą‚ã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ãĒæ€Ĩæˆé•ˇãŒé›Ŗしいäē‹æĨ­ãŒå¤šã„領域でもあるからです。

į¤žäŧščĒ˛éĄŒã‚’すずãĻ民間でč§Ŗæąēできるわけではありぞせん。民間や市場äģģせãĢは向いãĻいãĒいčĒ˛éĄŒã‚‚あり、だからこそパブãƒĒックã‚ģクã‚ŋãƒŧやã‚Ŋãƒŧã‚ˇãƒŖãƒĢã‚ģクã‚ŋãƒŧがこれぞでもあり、これからもåŋ…čĻã¨ã•ã‚ŒãĻいぞす。これからイãƒŗパクト投čŗ‡į­‰ãŒåēƒãŒã‚‹ãĢつれãĻ、民間がå‰ĩæĨ­å¯čƒŊãĒ領域もåĸ—えãĻくると思いぞすし、そうすることでこれぞでč§ŖæąēできãĻいãĒかãŖたį¤žäŧščĒ˛éĄŒã‚„、支えられãĻいãĒかãŖたäēē達を支えることができるかもしれぞせんが、すずãĻぎäē‹æĨ­é ˜åŸŸãŒæ°‘間向きだとは限りぞせん。

äģŽãĢ民間向きぎäē‹æĨ­é ˜åŸŸãŒã‚ãŖたとしãĻも、そぎ領域でハイグロãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップが可čƒŊかおうかは領域やäē‹æĨ­æŦĄįŦŦです。そしãĻパブãƒĒックã‚ģクã‚ŋãƒŧやã‚Ŋãƒŧã‚ˇãƒŖãƒĢã‚ģクã‚ŋãƒŧがäē‹æĨ­ã‚’しãĻいた領域で、ハイグロãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップぎåŊĸ態はさãģお向いãĻいると思えぞせん。æ€Ĩæˆé•ˇã—ã‚ˆã†ã¨ã™ã‚‹ã¨ã€čĒ˛éĄŒã¨ãŽãƒŸã‚šãƒžãƒƒãƒãŒčĩˇã“ã‚‹å ´åˆã‚‚ã‚ã‚‹ã‹ã‚‰ã§ã™ã€‚ãŸã¨ãˆã°ã€čĄ°é€€ã™ã‚‹åœ°åŸŸäē¤é€šįļ˛ãŽäģŖæ›ŋを、äē‹æĨ­ã‚’æ€Ĩæˆé•ˇã•ã›ãĒがらč§Ŗæąēするぎはč‡ŗé›ŖぎæĨ­ã§ã™ã€‚ãĒぜãĒら、そうした地域はä¸ģãĢäēēåŖ減少が原因でäē¤é€šįļ˛ãŒčĄ°é€€ã—たぎであり、そこから刊į›Šã‚’上げるぎは構造įš„ãĢį›¸åŊ“é›Ŗしいはずだからです。

åŋ…ずしもすずãĻぎäē‹æĨ­ãŒãƒã‚¤ã‚°ãƒ­ãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップをį›ŽæŒ‡ã™ãšãã¨ã¯é™ã‚Šãžã›ã‚“。゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップではãĒく、ã‚ŧブナäŧæĨ­ã¨ã„ãŖた選択č‚ĸもありぞすし、゚ãƒĸãƒŧãƒĢビジネ゚としãĻį•™ãžã‚‹é“もありぞす。そぎãģうがį¤žäŧščĒ˛éĄŒã‚„、そこで困ãŖãĻいるäēēãĢ寄りæˇģえることもあるでしょう。ãĒぎãĢ、「゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップ」だからと VC からぎčŗ‡é‡‘čĒŋ達ãĒãŠã‚’čĄŒãŖãĻしぞえば、į›ŽæŒ‡ã—ãĻいたį¤žäŧšįš„イãƒŗパクトぎ原įžã‹ã‚‰é ãŽã„ãĻしぞう可čƒŊ性も十分ãĢありぞす。

 

一斚、もしį‰šåŽšãŽã‚¤ãƒŗパクト゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップがį›ŽæŒ‡ã™ã‚‚ぎが、ハイグロãƒŧã‚šãƒģã‚šã‚ŋãƒŧトã‚ĸップãĒぎであれば、æ—ĨæœŦぎ「イãƒŗãƒ‘ã‚¯ãƒˆã€ãŽč¨€č‘‰ãŒæƒŗčĩˇã•ã›ã‚‹é ˜åŸŸã ã‘ではãĒく、グロãƒŧバãƒĢãƒģイãƒŗパクトをåŧˇã‚ãĢč­°čĢ–しãĻいかãĒければ、将æĨぎæ—ĨæœŦぎį”ŖæĨ­ã‚’į‰Ŋåŧ•ã—ãĻいくäŧæĨ­ã‚’支援するというåŊĸãĢはãĒりãĨらいでしょう。

ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€äēēåŖがį¸Žå°ã—ãĻいくæ—ĨæœŦãĢおいãĻ、これから多くぎį¤žäŧščĒ˛éĄŒãŒå‡ēãĻくることや、そぎčĒ˛éĄŒã‚’č§Ŗæąēする民間äŧæĨ­ãŒæą‚められるぎは間違いありぞせんが、それらをč§ŖæąēするäŧæĨ­ãŒæŦĄä¸–äģŖãŽå¤–č˛¨ã‚’į¨ŧぐį”ŖæĨ­ã‚’äŊœã‚‹ã“とãĢつãĒがるかといえば、č‹Ĩåš˛é ã„ã‚ˆã†ãĢ思いぞす。

 

(1) īŊž (12) ぎそれぞれぎ領域でやるずきことはたくさんあり、それぞれぎäē‹æĨ­ãŒé‡čĻãĒåŊšį›Žã‚’持ãŖãĻいると思いぞすが、あるį¨‹åēĻåŒēåˆĨしãĻč­°čĢ–しãĒいと噛ãŋ合わãĒかãŖたり、æ”ŋį­–į›Žįš„がåļわãĒかãŖたりするようãĢæ€ã†ãŽã§ã€č­°čĢ–ぎ土台としãĻč¨€č‘‰ãŽæ•´į†ã‚’ã—ãŸã†ãˆã§č‡¨ã‚€ãšãã§ã¯ãĒいかと思いぞす。

 

ぞとめ

ロジックãƒĸデãƒĢをäŊœã‚Šč‡Ēį¤žãŽäē‹æĨ­ãŽį¤žäŧšįš„イãƒŗパクトを可čĻ–化したり、゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップとしãĻイãƒŗパクトãƒŦポãƒŧトをį™ēčĄŒã™ã‚‹ãĒおぎæ´ģ動は、゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップãĢ限らず、多くぎäŧæĨ­ãŒčĄŒã†ã¨č‰¯ã„と個äēēįš„ãĢは思ãŖãĻいぞす。そぎあたりは『æœĒæĨを原čŖ…する』というæœŦãĢもぞとめãĻいぞす。

ぞた、į¤žäŧščĩˇæĨ­ãŒåĸ—ãˆã‚‹ã“ã¨ã¯č‰¯ã„ã“ã¨ã ã¨æ€ã„ãžã™ã—ã€å¤§å°ã•ãžã–ãžãĒåŊĸぎ「čĩˇæĨ­ã€ãŒåĸ—えることč‡ĒäŊ“、個äēēįš„ãĢは前向きãĢ捉えãĻいぞす。į†æƒŗįš„ãĢは、į¤žäŧšįš„イãƒŗパクトぎあるäŧæĨ­ãŒããĄã‚“ã¨å„˛ã‹ã‚‹ã‚ˆã†ãĒ、そんãĒå¸‚å ´č¨­č¨ˆãŒã§ãã‚‹ã“ã¨ã‚’éĄ˜ãŖãĻいぞす*2。

ただ、イãƒŗパクトãĢã‚‚č‰˛ã€…ãĒイãƒŗãƒ‘ã‚¯ãƒˆãŒã‚ã‚Šã€ãã‚Œãžã‚ŒãŽč¨ˆæ¸ŦとįŽĄį†ã‚‚é›Ŗしいうえ、åŋ…čĻãĒ支援ぎ在り斚も違いぞす。「イãƒŗパクト」や「゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŒå¸‚æ°‘æ¨Šã‚’åž—ãŸã‚ã¨ã¯ã€ãã‚Œã‚’ã‚ˆã‚Šį´°åˆ†åŒ–しãĻ、それぞれぎイãƒŗパクトãĢあãŖãŸč­°čĢ–ã‚’įŠãŋ重ねãĻいくåŋ…čĻãŒã‚るようãĢ思い、整į†ãŽãŸã‚ãĢ記äē‹ã¨ã—ãĻ掋しãĻおきぞす。

īŧˆâ€ģãĄãĒãŋãĢæœŦį¨ŋは「イãƒŗパクト゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸップ」ãĢついãĻãŽč­°čĢ–ではãĒく、あくぞでイãƒŗパクトと゚ã‚ŋãƒŧトã‚ĸãƒƒãƒ—ã¨ã„ã†ãã‚Œãžã‚ŒãŽč¨€č‘‰ãŽč­°čĢ–ãĢãĒりぞす。īŧ‰

*1:これらぎ一部はいわゆる「ã‚ŧブナäŧæĨ­ã€ã¨å‘ŧばれるもぎとイã‚ŗãƒŧãƒĢであãŖたり、čŋ‘いもぎがåĢぞれãĻいるようãĢ思いぞす。

*2:å…Ŧå…ąã‚ĩãƒŧビ゚ãĢčŋ‘いã‚ĩãƒŧビ゚を提䞛するäŧæĨ­ãŒæœ€ã‚‚å„˛ã‹ã‚‹į¤žäŧšãŒč‰¯ã„ぎか、というとそんãĒことはãĒく、å…Ŧå…ąãĢčŋ‘いところãĢはį›¸åŋœãŽč˛Ŧäģģがį™ēį”Ÿã™ã‚‹ãŽã§ã€æŗ•åž‹ã§į¸›ã‚‹į­‰ãŒčĄŒã‚ã‚Œã‚‹ãšãã¨č€ƒãˆã‚‹ã¨ã€æžœãŸã—ãĻæ°‘é–“ãŒčĄŒã†ãģうがよいぎかというとį–‘問があり、最įĩ‚įš„ãĢは、厘民ぎäŊŋい分けãĢãĒるとは思いぞす。