🐴

Takaaki Umada / 馬田隆明

【期間限定で無料】 Zoom でやりづらい雑談や共同作業も『tandem』ならやりやすい

Y Combinator 卒業企業であり、a16z も投資したことで知られるリモートワークツールの tandem が、COVID-19 の影響でしばらくの間無料になるそうです。

tandem については以前Twitterでも紹介しましたが、期間限定で無料化されたということで改めて紹介します。今回、リモートワークになったスタートアップの皆さん向けではないかと思います。

以下では tandem のメリットをいくつか紹介します。

💬 さっと話せる

Zoom でもすぐに話すことができますが、tandem はより「リモートで話しやすい」ように設計されています。

Zoom やその他の会議ツールは「会議の際に立ち上げる」という思想です。通常はオフライン環境にいる人たちが、会議のためにオンラインになる、というような使われ方の想定だと思います。

一方、tandem の場合、全員がオンラインであることが前提で、「部屋に入る」という動作だけで話を始めることができます。その結果、「会議を立ち上げる」というひと手間がなく、ずいぶんと誰かに話しかけやすくなっているように感じます。

f:id:tumada:20200404223417p:plain
tandem の Website より

また誰がどの部屋に入っているかで、相手がどういう状況かがわかるのも良い点です。

👪 ルームで喋る相手を選択できる

Zoom で繋ぎっぱなしもありですが、会話するときには全員に聞こえてしまいます。それに全員に話すような内容でない場合もあります。

そんなとき、tandem にはルーム機能があります。会話はそのルームにいる人しか聞こえません。

f:id:tumada:20200404222122p:plain
tandem の Website より

休憩をする給湯室(Water Cooler 💧)で集まると、雑談もやりやすくなるのかなと思います。

💻 相手のマウスポインタが見れてコラボしやすい

tandem では画面共有を1クリックで開始できます。そのとき、相手のマウスカーソルの動きも表示されるようになります。

Miro などもそうですが、画面共有をしたとき相手のマウスポインタが見れるだけで、ずいぶんと共同作業がはかどります。これは体験してみないとなかなか分からないのですが、お勧めの機能の一つです。

f:id:tumada:20200404222018p:plain
tandem の Website より

🤝 誰が何をやっているかを知れる

人の名前のアイコンの横にアプリの名前とアイコンが出てくるので、誰が何の作業をしているかを見ることができます。

f:id:tumada:20200404225827p:plain

さぼり防止……というわけではなく、相手が何をしているのかがある程度わかるのは、お互いにとっても良いのではないでしょうか。

なお、表示に対応しているアプリは現在40以上です。

🚪 部屋から出て集中する

とはいえ、基本的にリモートでは非同期のコミュニケーションのほうが良いと思います。そんな時は部屋から出て、誰にも邪魔されない環境で集中して働くこともできます。フォーカス機能をオンにすれば、邪魔をされることもありません。

f:id:tumada:20200404225917p:plain

まとめ

Windows, Mac, Linux アプリをインストールする必要がありますが、その価値はあるように思います。

そんなわけで tandem、無料の期間中にぜひ使ってみてください。(tandem を教えていただいた高橋さんに感謝です!)

f:id:tumada:20200404225147p:plain
該当ページをGoogle翻訳したスクリーンショット