🐴 (馬)

Takaaki Umada / 馬田隆明

Entrepreneur in Residence (EIR) というキャリアの機会とプログラムの改善

海外でたまに見かける「Entrepreneur in Residence (EIR)」の仕組みが日本でも徐々に広がりつつあります。

アントレプレナー・イン・レジデンスは、ざっくりと言うと「おおよそ数か月から2年程度まで、一定程度の給料をもらいながら起業準備ができる」というプログラムやそのプログラムに参加している人のことを指します。

略称はEIRやEiRです。キャリアを積んだ人がそのポジションになることも多いため、Executive in Residence と言われることもあり、これも略称でEIRになります。日本では「客員起業家」と呼ばれることもあります。

 

かねてからEIRの取り組みは日本でも模索されていましたが、最近になって改めてその名前を聞くようになりました。

その背景として、2022年度の経済産業省による客員起業家(EIR)の活用に係る実証事業、2023年度の NEDO の MPM 事業 (大学発スタートアップにおける経営人材確保支援事業) などの補助事業があるように思います。補助を受けたいくつかのVCや事業会社がEIRを雇い始めています(補助を受けていないところも始めている話を聞きます)。

現在の日本は起業家を増やすという大方針があるので、今後も国からの補助があり、EIR の実績が出てくれば、この EIR の取り組みはより広がっていく可能性があります。

 

裏返せば、今後、起業志望者にとってEIRというキャリアは有力な選択肢になりうるのではないかと思います。また今はその萌芽段階ですが、国からの補助が出ている間はVC側のリスクが低い分、EIRにとっては割と良い条件設定になるはずなので*1、経験のある方々はこのEIRの機会があればぜひ積極的に検討してみると良いのではと思っています。

とはいえ、EIR の位置づけなどを考えないとお互いにとって不幸なマッチングになるかもしれませんし、初期の EIR の取り組みで成功例が出なければ EIR という制度自体が短命に終わってしまうように思うので、少しだけ整理と自分の考えを書いておきます。

 

EIRというキャリアの位置づけ

「経営者になりたい」と思ったときには様々な選択肢があります。

一つが経営コンサルティングで、学生などには人気です。ただあくまで相談役であり、経営判断そのものができるわけではありません。

「もっと経営や事業に関わりたい」と思った人が次に行くキャリアが、事業会社の経営企画、Private Equity、そして起業だったりしました。

そこに2010年代後半から新たな選択肢として、日本でもサーチファンドが台頭してきました。サーチャーと呼ばれる経営者候補は、自分が社長として承継する中小企業を探しながら、投資家からお金を集め、良い企業が見つかったら買収し、4 ~ 7 年かけてバリューアップを行って、その後イグジットする、というモデルです。

そこに加えて、EIR経由で経営者になる、という選択肢も出てきつつあります。

 

リスクとリターンで考えたときに、それぞれのキャリアは大まかには以下のようなリスク・リターンの関係になるのではと思います。

リスク

リターン

選択肢

高

高

起業

中

中

サーチファンド、EIR

低

低

企業内起業

EIRは起業のリスクよりもやや低く、社内新規事業よりもリスクをやや高い選択肢として位置付けています。

ミドルリスク・ミドルリターンであっても、主に既にある事業を承継して拡大や再建をするサーチファンド経由での経営者と、あくまで新規事業を立ち上げるのが目的のEIRは、事業の改善と事業の立ち上げで大きく異なりますし、リスクもEIRのほうが大きいとは思いますので、あくまで大雑把に分けたときのものだとお考え下さい。

 

EIRのパターン

この EIR ですが、EIR の中にもいくつかのパターンがあります。

  • VC の EIR - 投資先のバリューアップに携わりながら、次の起業の準備を行う(ある意味で、アイデアができる前の「人」への投資)
  • 企業の EIR – スピンアウトをある程度の前提とした企業内起業の準備を行う
  • Startup Studio のEIR – スタジオ内のアイデアの起業準備を行う
  • 大学の EIR - 大学の技術の商業化やスピンアウトに向けた取り組みを行う(ビジネススクールでの教育に関わる場合もある)

一口に EIR といっても、どの組織の EIR かによって動き方は結構異なりますし、待遇も異なる印象を受けます。どの EIR が自分にあっているかはそれなりに考えたほうが良いのではと思います。

それぞれのパターンでの事例は、Beyond Next Venturesさんのイベントレポートなどにもまとまっています。

 

EIR として採用される人

多くの場合、EIR はシリアルアントレプレナーや、スタートアップ・大企業での重役やチームリーダーを務めた人が採用されます。少なくとも経営者やマネージャーとしての能力があることが求められるからです。

しかし、そうした人たちはえてして良い待遇の他の機会を見つけられます。それに起業をすると収入のない期間が続き、みるみると銀行口座の貯金が減っていくことになります。そこである程度の給与を保証することで、そうしたリスクを緩和して、起業というキャリアを選びやすくしてもらう、というのがEIRを提供している一つの理由だと考えられます。

このような背景もあるため、普通、EIR という職種の募集は表には出ません。既にあるつながりの中から採用されるのが普通だからです。

とはいえ、日本においてはそのような人材は少ないため、そこそこのトラックレコードで起業家として可能性がありそうな人も(相対的に低い待遇で)迎え入れられることもあるようですし、公募されることもあるため、それはそれで日本では起業家候補にはチャンスを得やすいとも考えられます。

 

EIRのコミットメント

どれぐらいの期間、どれぐらいの量をEIRがその事業に関わるのかは、プログラムによってかなり異なります。

2015年時点の海外の EIR のサーベイでは、時期もコミットメントの量、給料も随分と違います。

また内容を聞いてみると、それぞれの EIR プログラムには「プログラム」っぽいものがない場合も多く、その分自由なのがEIRとも言えます。

Jessica M. Silvaggi & Orin Herskowitz & Carlton J. Reeves, 2015. "Entrepreneur-in-Residence Programs: One Size Does Not Fit All," Technology Transfer and Entrepreneurship, Bentham Science Publishers, vol. 2(1), pages 37-50, April.

Jessica M. Silvaggi & Orin Herskowitz & Carlton J. Reeves, 2015. "Entrepreneur-in-Residence Programs: One Size Does Not Fit All," Technology Transfer and Entrepreneurship, Bentham Science Publishers, vol. 2(1), pages 37-50, April.

 

EIR プログラムの改善に向けて

EIRは新しい試みではありません。一説によれば、1980年代初めに試みられ、1997年にはサーベイが出ているぐらい古くからある取り組みです*2。

ただそれがそこまで広がっていないのは、EIR が大成功には繋がってはいない、ということでもあるのかなとも思います。成功していれば、こぞって多くの組織が真似るからです。

実際、EIRをかつてやっていたけれど、数年してやめたところや縮小したところも多数あります*3。

しかし一方で、大失敗しているわけではないので、今もまだ試みられているということでしょう。

これは改善の機会もあるということでしょうし、また普通にやっていたら大成功はしない、ということではないかと思います。特に起業家の数が相対的に少ない日本においては、EIR プログラムへの参加者数と成功率を上げることは、エコシステム全体にとっても良いことではないかと思っていて、プログラム実装の改善に取り組むことは必要ではないかと思います。

 

EIRの話を聞いた限りでは、以下のような課題があるようです。

  • EIRが放任になりがち
    • プロセスがあまりなく、テイラーメイドであるために予見性が低く、管理にコストがかかりがち
    • VCでEIRを行うと投資が優先されがち
    • その結果、EIR が放任になりがち
  • EIRにアイデアを任せっぱなしにすると、小ぶりになりがち
  • ノウハウが溜まりづらい
    • 1社あたりの EIR の人数が少なくパターン化が難しい(多くが1~3名)
  • EIR 同士の交流が少ない
    • 上述の通り人数が少ない
    • 文脈が違うEIR同士だと会話が成立しづらい
  • (アメリカ以外の国の場合は)そもそもEIR候補がいない
    • そもそも EIR というキャリアが知られていない(サーチファンドなどのほうが有名?)
    • US の場合、EIR 候補が多数いたとしてもあまりうまくいっていなかった?

これらの多くは EIR のコンセプトそのものの課題というよりは、EIR のプログラムの実装の課題です。実装面ではもう少し改善の余地があるのではないかと思います。

たとえば、あまりにも放任だと「EIR が成功した/失敗した」程度の学びだけで終わってしまうので、もう少しEIRの動き方をある程度見れる人をアサインして、ある程度構造化された形で試行錯誤していった方が次につながるのではと思っています。

 

個人的には以下のような取り組みで多少は改善できるのではと思っています。

  • 受け入れ側でもう少しだけリソース(アイデアや技術シーズのリスト)を揃える
    • これはやっているところもあります
  • できれば放任ではなく、プログラム化する
    • 補助金を受けているEIRプログラム同士で連携する(週に1回ぐらいEIR同士が集まるなど) 

話を聞いていると、EIR にアイデア全体を任せるよりも、緩やかにアイデアの方向付けなどもプログラム側で行った方が良さそうな気がしています。ただこの場合、EIR というよりは Startup Studio/Venture Creation に近いモデルになるのでは……とも思います。

EIRを一か所に集めたほうが良いんじゃないか?とは思いますが、各VCの傍にいるというのもEIRのメリットではあるので、週に1回ぐらいEIR同士が集まって課題などを話すところから始めると良いのかな…と。

今後「EIRの手引き(仮)」が経産省のEIR実証事業の成果物として出てくるはずなので、そこでも色々な提案があると思いますが、何かしらEIRの成功モデルが作れると良いなと個人的には思っている次第です。

2022年度の EIR 実証事業をもとに、「EIR の活用に関するガイダンス」が出ているので、こうしたガイドを基に今後も改善を繰り返して成功のモデルが作れると良いなと思っている次第です。

 

まとめ

VCにとってみても、ファンドサイズが大きくなるとともに、狙うべき上場時の時価総額が大きくなっていることを考えると、VCの戦略としては海外投資を行うか、自社でより大きなスタートアップを作っていく、という手を考え始めるのではと思っているので、経験のある起業家を増やすというEIRの流れは増えてくるのではないかと思います。

エコシステム全体としても、EIR という選択肢があることを広く伝えていき、優れた経営者候補に、別の経営者キャリアではなく EIR というキャリアに目を向けてもらうよう業界として働きかけていく必要もあるでしょう。

 

そして起業家志望者の皆さんも、こうした波があればうまく使っていただくと良いのかなと思っています。

*1:普通は給与を払う分、そこそこの株式が取られても仕方がないところが、VCに対して補助などが出ている現状はある程度緩和されていたり、交渉可能なはずなので。

*2:本ジャーナルは購読しておらず、読めていませんが、存在だけを言及しています。

*3:たとえば有名どころでは Benchmark Capital が結構やっていましたが、最近はあまり聞きません。他の有名 VC も 2010 年前後に色々とやっていましたが、最近はほとんど聞きません。